断薬を一度挫折した方へ

今回は抗不安薬の断薬を一度(あるいはそれ以上)挫折した方へのメッセージを書きたいと思います。まだ諦める事はありません。

断薬の挫折は誰もが考える事だと思います

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の断薬をすると挫折しそうになる方は普通に沢山いると考えています。離脱症状が幸運にもほとんど出ない方を除けば、誰もが辛い思いをし、その辛さから逃げたいと考えた事があるのではと思います。

理由は簡単で皆さんが感じている通り、断薬には明確なゴールの日が設定できないためです。いつ終わるか、あるいは本当に終わるのかわからないため挫折してしまう事は珍しい事ではないと思います。

シンプルに1年経過すれば誰もが100%離脱症状が治るのであれば挫折する方は減少すると思いますが、そういうものではなく個人差が大きいものであるがゆえに悩む所だと思います。

ここで認識して頂きたいのは上記の通り、多くの方が断薬を諦めようと考えた事があると思われるという事です。貴方だけが考える事ではなく誰もが考える事ではないかと私自身は思っています。

実際、私自身1度挫折しているわけですから皆さんの気持ちは痛いほど分かります。

我慢強さはそれほど関係ない

二度の断薬を経験して感じたのは、「我慢強さ」の違いで挫折すると考えているならそれは違うという事です。正直、この手の辛さに対してはかなり我慢強いと自負している私も13日目であっさり陥落しました。予想をはるかに上回るきつさであった事が原因です。

まさかここまで離脱症状がきついとは思いもしませんでした。あれだけきつい症状に襲われてはさすがにいつまで続くか分からないために挫折を選んでしまったわけです。

そのため、我慢強い云々はあまり関係ないと思っています。

では断薬の成否を決めるのは何か?と言えば「信念」ではないかと思います。薬をやめたい明確な理由があるかどうかで変わってくると思います。

単純に「やめたい」程度では挫折の可能性は高くなると思います。やめる理由が明確にあるのであれば、常にそこを目標にして耐える事ができるようになります。

断薬を始める際には是非この大きな目標の柱を作って頂きたいと思います。

断薬は何度でもやり直しがききます

断薬のきつさに耐えられずに挫折をすると、二度目以降の断薬がとにかく怖くなります。離脱症状のきつさがトラウマになっているため、断薬そのものに踏み切る勇気がなかなか持てないのもあるでしょう。1回目と違い、記憶に残っている分、断薬に対する恐怖感が具体的になっている事も理由として考えられます。

しかし、私はこの事はあまり気にする事はないと思っています。

断薬は1度しかできないものではなく、何度でもチャレンジできるものです。1回目の断薬といろいろと変えてみる事で楽になる事も出てくるはずです。

例えば減薬期間を徹底して長くするなどもその良い戦略と言えるでしょう。減薬期間はもどかしいと感じる方も多いと思いますが、減薬期間が長いほど、体内にある抗不安薬が少ない期間に慣れている事になるため、断薬そのものも「理論的には」楽になるはずです。

減薬期間はどれくらいが良いかは答えはありませんが、それこそ1年でもかけて良いと思うくらいです。それくらい長くかけて少しずつ減らしていき、その状態に体をならして最後に断薬へと進めば良いと思います。

そもそも減薬中にもベンゾジアゼピン系抗不安薬は体内から減少していますのでそれ自身にも意味はおおいにあるはずです。

成功の秘訣は焦らずにマイペースで断薬を進めていく事です。じっくり目標をもっていきましょう。