断薬から5年以上が経過しての振り返り

本記事は断薬から1,878日(5年1か月21日)経過した2018年8月30日に書いています(予約投稿です)。断薬から5年以上経過した現在を振り返ってみたいと思います。

断薬はもはや過去になりつつある

現在断薬中で離脱症状が続いている立場の方からすると5年経過後のご自身はなかなか想像がつかないと思います。そこで一つの目標にしてもらうべく5年以上経過した現在から断薬を振り返ってみたいと思います。

私にとっては断薬はもはや過去となっているのは間違いありません。ほんの数年前は地獄の苦しみで、生きているのも辛いという状態でしたが、そんな事はもはや思い出さないくらい普通の暮らしになっています。

断薬後期では吐き気などがちょくちょく入る事もありましたが、そういうものも今はほとんどなくなりました。離脱症状の関係で電車などの交通機関に乗る事もためらわれる事もありましたが、ここ最近は電車に乗っても体調が崩れる事がほとんどなくなりました。そういう意味でも断薬して良かったと実感する事も多くあります。

もちろん、この5年で年を取りましたので常に万全の体調というわけではありませんが、それでも離脱症状の真っただ中の苦しさを100とすれば今は5~10くらいだと思います。それくらい体調面で気になる事はほとんどなくなりました。

今も残っている症状(後遺症)を考えてみる

離脱症状のうち、今も何らかの形で残っているものを私は後遺症と位置づけています。これらの症状はベンゾジアゼピン系抗不安薬投薬時(最初はデパス)にはなかったものであり、断薬後から生じたものがほとんどのため私の原疾患ではありません。

当サイトの時期別離脱症状一覧から今も残っている症状とその状態についてご紹介いたします(下記は11~15ヶ月目の一覧表ですが、断薬直後からの症状も含まれています)。

時期別離脱症状一覧表(11~15か月目)

この中から今も「断薬の後遺症」と感じるものをその強さも含めて下記に紹介させて頂きます。

  • あごの震え
    これは残っている中で最も顕著に出ている症状です。普段は気づきませんが寝る時にはわかるため軽く口を開けたり、口に空気を含んで歯がぶつからないように意識しています。一度は消えたものでしたがなかなかしつこい症状です。
  • 記憶障害及び言語障害
    その日によってかなり状態は違うのですが、今も多少出ているものです。但し最盛期に比べれば、それほど気になるレベルではないため十分共存可能な状態です。それに年も重ねていますので老化も理由の一つにはあるでしょう。言語障害の方が強く出ています。
  • 歯を食いしばる
    これも日によりますが結構出ていると思います。なるべく意識して力を抜くようにしています。
  • 頭を虫がはう感覚
    なかなかこれも長い症状です。今はもう慣れたという状態にてあまり気にしていません。あごの震えの方が数倍気になります。
  • しびれ
    多少出ています。マッサージをするようにしています。

強烈なあの症状はどうなったか?

このサイトにアクセスする方が苦しんでいるであろう離脱症状があるわけですが、それについても状況を書いておきたいと思います。

  • 集中力の低下
    ほぼ完全に取り戻しました。やる気が出ないなどもなくほとんど普通の方と同じようなレベルです。
  • 動悸
    数か月前も出ていたのですが、考えてみると最近は出ていない事に気づきました。動悸は地震かと思うくらい揺れるのでこれが出てこないのはありがたいものです。
  • 聴覚過敏
    おそらくほとんどの方がワースト3に入れるであろう離脱症状がこの聴覚過敏だと思います。はっきり言いますが、ほぼこの状態になる事はもうありません。あれだけ悩まされたこの症状も今では思い出レベルです。たまに今日はちょっと過敏かなと思う時もありましたが、少し気を付ければ大丈夫になっています。
  • 睡眠障害
    何か月も睡眠障害で眠れない、寝付けない事がありましたが今はのび太と同じくらいのレベルで即座に眠れるようになりました。眠たいなと思って目をつぶればそれほど経たずに眠れます。
  • ストレス耐性の低下
    これも長々と続いていましたが、今も多少は残っているもののかなり耐性が上がってきたと感じます。昔はそれこそ箸を落としてもイラっとしていたくらいでしたが、今は普通の人レベルに近いと思います。

断薬開始から5年以上経過後の結論

皆さんも同じになるかは分かりませんが、数年もの間、離脱症状で苦しんだ私でさえ今はもうほぼ健康な状態であると自信を持って言えます。そして断薬をして本当に良かったと思っています。

万が一、抗不安薬に頼りたいと思った時にも少量の頓服で十分効き目を感じますし、いい感じで薬と付き合えている気がします(とはいえ、年に飲んでも1~2回あるかないかでほぼ飲んでいません)。

また、断薬を行った事で他の一般的な薬もほとんど飲まない状態になりました。以前は風邪薬をはじめとしていろいろな薬を簡単に飲んでいましたが、今はそういう飲み方をしなくなりました。

そのため、常備薬として買っておいている薬のほとんどを飲まない状態で破棄するようになりました。

コレステロールの薬だけは遺伝なので飲み続ける必要がありますが、それ以外の服用は本当に稀になったと思います。

私と同じような状態に皆さんがなるかは分かりませんが、一人の断薬の結果という事で参考にして頂ければと思います。