断薬中に思い浮かんだ迷いと結論

今回は断薬中に私の頭に思い浮かんだ迷いと結論を書きたいと思います。おそらくこれを読まれている貴方の頭の中にも同じ迷いが浮かんでいると思います。

思い浮かんだ迷い例

そもそも抗不安薬を止めても大丈夫だろうか?

これは断薬中と言うよりも開始前に迷う方が多いのではないかと思います。今まで何年も飲んでいる薬をやめるわけですから、やめた後に自分に起こる状況がどうなるか不安なはずです。ずっと生活の一部として関わっていた薬をやめるわけですから、やめたいという気持ちとは裏腹に心理的に心配な部分もあるでしょう。

これについての私自身の結論としてはシンプルです。「薬を飲む前に戻るだけ」と言う事です。考えてみれば多くの方にとっては投薬期間よりも非投薬期間の方が長い方が多いはずですので、その本来の期間に戻るだけです。元々人間には自然治癒力もあります。

これは本当に断薬による症状なのだろうか?

どれくらい断薬中に複数の離脱症状が起きるかにもよりますが、ある程度の離脱症状を経験するとほぼ間違いなくこの迷いを感じる事でしょう。離脱症状の場合、それまでの人生経験で味わった事がないものが多く起こる事もありうるため、判断材料が皆無の事も珍しくありません。腹痛や頭痛やめまいなどのよくある「著名な」症状であればそういう迷いや焦りは出にくいですし、「少し様子を見よう」という気持ちにもなるものですが、全く経験のない症状の場合にはそうはいきません。分かりやすく言えば、未知との遭遇のため恐怖感を感じる事もよくあります。そういう時に思い浮かぶ迷いがこの断薬によるものかどうかというものです。

私の結論としては、心配なら病院に行くと良いというものです。断薬によるものだろうとは思っていても、やはり経験した事がないために不安感は強くなり、ストレスへとなります。そうなると断薬継続にも悪影響のため、白黒つけるべく精密検査を受けるのが精神衛生上も一番良いと考えています。もし検査結果で何も問題がなければそのまま離脱症状を我慢するしかありませんし、他の病気が見つかれば早期発見として治療をすれば良いわけです。一番悪いのは心配にも関わらず放置する事です。

断薬を何故しているのだろう?

これは一度消えた離脱症状がぶり返した時などによく出てくる迷いでした。とにかくきつい症状を経験すると、途中で「なぜ自分はこんな苦痛に耐えているのだろう?」と疑問に思うときがあります。薬の支配から解放されたいわけですが、その代償としての苦痛に対して我慢する意味が分からなくなる事はよくあります。

困った事に投薬中はそれらの不快な離脱症状はないため、それらを捨ててまでなぜ苦痛を受け入れているのかが悩みの種になるのです。正直私自身もこの迷いには何度も囚われました。こんな苦痛に耐えるくらいならば断薬などやめてしまった方が良いのではと何度も考えたものです。

これについての私の結論は「とりあえず朝まで待つ」というものです。経験上、断薬は一日寝ると次の日の朝には離脱症状のきつさが変わっている事がよくあります。もちろん数日続くこともあるのですが、それでも間に少し楽な時間というのがわずかでも入る事もあります。そういう時はまず今日一日は我慢と言う考えで次の日を迎えるようにしていました。断薬は時として相当きつい時がありますが、一度やめると次の開始には大きな心理的なハードルが出来上がるものです。そのため、せっかく始めたのであれば、少しだけ様子を見てから結論を出すのが良いでしょう。

離脱症状から本当に解放されるのだろうか?

これは断薬が終わる日が来るのかどうかという迷いです。現在読んでいる方も「いつになれば離脱症状はなくなるのか」と不安に感じている方も多いでしょう。断薬の期間は本当にまちまちで人の経験した断薬期間が自分に当てはまるとは限りません。

私のように数年かかるものもいれば、2週間くらいでぱっとやめられる方もおります。それくらいすぐに終われば楽ですが、数か月というのはざらだと思います。

離脱症状が結構長くかかっている私の結論としては「最後にはやっぱり解放される」というものです。同じ症状のぶり返しなどが起こると精神的にはきつくなりますが、それでも微妙にではありますが毎日変化しています。複数回の山と谷を経験して断薬は徐々に終わりに近づいていきます。

状態がよくなった(谷)としてもまた苦しい時期(山)の期間が来る事もあると理解した上で断薬を開始してください。

迷うのは当然ですが必ずゴールはどこかにあります

苦痛に対しての耐性は人によりますので、どこまで断薬が貴方にとって苦しいものになるかは分かりません。苦しい症状が続けばいろいろな考えが頭をよぎるのも自然な事で迷いが出ても当然でしょう。

しかし、その先には必ずどこかにゴールがあるのは確かです。ゴールの位置が人によって異なるだけでハーフマラソンのような方もいればフルマラソンの方もいるのです。場合によってはフルマラソン往復の方もいるでしょう。それでも共通して言えるのはゴールがあるという事です。

いろいろな迷いにぶつかる事はあると思いますが、断薬では誰もが通る道ですのでその点を理解して1日1日を頑張って地道に過ごしていってください。