抗不安薬の飲みすぎは効かなくなるので注意

今回はいつもと少し違う話をしたいと思います。医師の言う通りに朝昼晩と抗不安薬を飲んでしまうとどんどん薬が効かなくなってきます。そういう時に貴方ならどうしますか?

長期服用に出てくるよくある問題

私自身、途中で薬を変えているとは言え6年ほど抗不安薬を飲んでいますので、その期間にそれまでは効いていた薬が効かなくなることはよくありました。どんな薬でもそうですが、飲み続けると耐性がついてしまい、思ったほどの効果を感じられず、結果として規定量を超えての服用をしてしまう方も多いのではと思います。

私自身が本来の服用量を超えて飲んだのは一つの薬しかありません(多分)。元々頓服用として飲んでいたソラナックスがそれで1錠のところ最大で2錠まで飲んでいました。自分自身耐性がつくのを恐れていたので、それでも効かない場合にはあきらめるようにしていました。

実際には元となるメイラックスなどの効き目が下がってきていたので、ソラナックスを1錠追加・・・しかし効かないのでもう一錠・・・というケースがほとんどでした。

言うまでもなくこの手の薬の飲む量が増えるのは決して良い事ではありません。効果が薄れてきたからと言って効くまで量を増やすという事をやっていたら、それこそ体を大きく壊してしまうなど反動が出てきてもおかしくはないのです。

人によってはOD(drug overdose:オーバードース:過剰摂取)状態が普通になっている方もいると思いますが、完全に負のスパイラルですのでこの状態にならないように気を付ける必要がありますし、それが常態化していると断薬をするのは結構大変なのではと思います。

ソフト断薬だと効き目は抜群です

私が断薬時に自分に認めた飲み方がソフト断薬というものでした。断薬がきつくて挫折しそうな時には即座に断薬をやめると決めずに一時的に少量だけ抗不安薬を飲むというものでした(詳しくは当サイトの検索窓にソフト断薬と入れて検索してください)。

少量ですので効き目はそれほど大きくはないものの断薬をしていますので、少量でもそこそこ効いてはいました。自分にこの飲み方を許可する事で無事に断薬を終わらせる事ができたわけです。

そして、今は先日のブログでも書きましたが、私の持っている病気である社会不安障害の症状が出そうな時は迷わずに予定時間の2時間前に1錠飲むと決めています。つまり頓服として飲むと言う事です。実際に飲んでいるのは1年に0~3錠程度ですのでかなり少ないわけですが、普段飲んでいない分、1錠の効き目はものすごいもので、昔よく経験した服用後にもうろうとして眠くなるというのも実感できます。

基本は断薬していますし、そういう時以外は飲まないと決めていますので、私の場合、そこから再度常用するという恐れもなく、1錠飲んだ後に離脱症状がぶり返す事も最近はありません(断薬からそれほど経過していない時は言語障害が出るなどたまにぶり返しました)。

薬に耐性がついてしまうとどうしても期待した効果は得られなくなります。そのため服用量を増やすのは好ましくありません。断薬後はそれこそ1錠で十分すぎるほどの効果を感じられますので、もし貴方が断薬をされるのであれば、頓服という付き合い方もあると考えると良いのではと思います。

もちろん「こんな危険な薬二度と飲むか!」と考える方もいるでしょうし、それを否定もしません。自分に合った楽な方法で薬に頼りすぎない状態を目指すと良いと思います。

そんな事は分かっている・・・という記事です

今回の投稿は皆さんが「そんな事は分かっている」という記事だと思います。この日記を読まれる方はそもそもそういう状態から脱したい方がほとんどだと思っていますので、余計なお世話である記事だと思っています。

ただ、今一度この事を意識して頂きたいと思い書くことにしました。

理由はシンプルです。断薬を挫折しそうになると、反動が大きくなる方もいます。それをなるべく防ぐべく書かせて頂きました。断薬を諦めて再投薬に戻るのは仕方がない事だと思っています。誰もが辛い離脱症状を乗り越えられるわけではないのは、この断薬日記のコメントを通じても分かっていますし、自分について思い返しても、「よく頑張れたなと」思うばかりです。

しかし、戻り方が悪いともう二度と断薬ができなくなるかもしれません。どうしても断薬をしたいのであれば、いつでも再チャレンジできるような状態は保っておくようにしましょう。