断薬で苦しんでいる貴方へ

今回は断薬で苦しんでいると思われる貴方へ私からメッセージを送りたいと思います。

今一緒に戦っている人が沢山います

断薬は孤独でいつ終わるとも知れず辛い事だと思います。しかし、貴方の見えない所で不安に怯えつつも断薬を頑張っている方が他にも沢山いるのです。

そのような方と一緒に耐えているとお考えください。そして、この断薬日記を書いている私もかつてはその一人だったわけです。もちろん今も後遺症のようなものはいくつか残っていますが、今皆さんが耐えているものに比べればまさに「残り香」程度に過ぎません。

この日記の中で何度か書いていますが、断薬を続けられるか挫折するかの差というのは本当に紙一重だと思っています。私は断薬を一度挫折した経験があるからこそそこは本当によく分かるのですが、実際の所、自分がもう耐えられないと思うくらいひどい離脱症状がその数日後も同じレベルであるかと言えば、そうではない事も多いのです。もちろん絶好調というわけにはいきませんが、少なくとも「このレベルなら耐えられる」というものが普通に来るわけです。

そういう「本当にきつい日」と「何とか耐えられる日」を繰り返している内にそれらの波は少しずつ小さくなっていき、最後には断薬は終わる事になるのです。その期間の長さは人によって大きく変わりますが、それでもいつかは終わるはずと私は考えています。

私は断薬中にこういう想像をしていました

ここから書く事は何の医学的裏付けもない事ですのでその事を認識した上で読んでください。

私は離脱症状が苦しい時によく想像していた事があります。これは日記では初めて書くような気がします。どういうイメージかと言えば、脳から薬が少しずつ抜けていくイメージです。

私の中での抗不安薬と断薬のメカニズムというのは以下のようなものでした(あくまで想像です)。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬などを飲み続ける事でその一部が完全に抜け切れずに微量ずつ脳に蓄積されてしまい、断薬でそれらの住み着いた薬の成分を脳から少しずつ追い出していくというものでした。

その過程において、それまで住み着いていた薬の成分が拒否反応を示していろいろと悪さをする・・・とイメージしていたわけです。離脱症状がひどくなったり、軽減したりを繰り返すのは、そういう反応の出方によると考えていました。

そして、断薬中はこれをイメージとして思い描き、「今は脳から薬を抜き出しているのだ」とずっと信じて続けてきました。様々な症状が出てくるのは、あの手この手で私を諦めさせようとしているに違いないと^^。だから離脱症状は敵(と書いていいのか分かりませんが)が抵抗しているのだと思っていたのです。

実際、日記で過去のものを振り返ると振り返った時と過去では確実に症状が変わってきて、全体的には楽になっているのが分かるわけです。となると、自分のこの戦いは間違えていないのだと理解できるわけです。

長く続く事が想像できないと思うのです

実際のところ、過去に飲んだ薬が数年レベルで影響するというのは一般的な感覚からすれば全く想像がつかないと思うのです。だからこそ半減期を超えればもう抜けているはず・・・などと考えてしまうわけです。

しかし、過去の断薬経験者を見てもこれらの薬を身体から抜くのは容易ではない事は分かるはずです。そのため、私はいつも「6年も飲んでいたから脳に沢山くっついているだろうな・・・」と考えていました。これはこれで想像できると思いませんか?

水垢だって(凄い例えですが)こびりついたらそれを取り除くのは大変なわけです。元は「水」ですよ?それこそ放置していたらずっとこびりついたままなんです。私は抗不安薬もああいうイメージを持っていたのです。

長く飲んでいればそれだけ脳のエリアを占有する薬の残り香が多いに違いないと(もう一度書きますが勝手な想像です)。だからこそ3年というかなり長い期間を最初から断薬期間として設定したわけです。結果としてまさにそれくらいはかかったわけですが、本当に長めに想定しておいて良かったと今は思っています。

これを3カ月くらいで何とか・・・などと考えているとその時になっても治ってないと不安で挫折してしまうはずなのです。

話がいろいろと動いてしまいましたが、私が言いたい事は、長くかかっても脳についてしまった薬は少しずつ消えて(ここは想像)きっといつかは断薬は終わるという事です。その間に辛い事はあるかもしれませんが、そうではない日も結構あります。また物凄く辛い時は初期~中期にかけて多く、その後はそう言うレベルのものはたまに出てくる程度になります。

そのため、初期~中期(私の中では断薬してから1年半くらいが中期)が鍵ではないかと思っています。もちろん数か月で終われば御の字です。

とはいえ、成功の秘訣は次の言葉にあると思っています。

「とりあえず今日一日を乗り切ろう」

です。長い目標などはいりません。明日までの時間を乗り切るという目標で構いません。それを積み重ねれば大丈夫です。不眠症もいつまでも続きません。私も15ヶ月以上も睡眠障害でしたが、最後は開き直りでゲームタイムにしていました。眠れないなら「眠らなければ良い」「好きな事をする時間が増えた。いやっほー!レベル上げ頑張るぞ!」とまで考えました。眠りたい!と思って眠れるくらいならそもそも不眠症ではないのですからね。本当に疲れたら昼間に眠くなりますから、その時に眠ればいいやと思っていました(まあ、会社員は難しいですけどね・・・)。

それならば悩む時間はストレスにしかなりません。どうせ眠れないなら有効活用をすれば良いと思ったのです。もちろん本当にきつくて全く動けない日もありました。そう言う日はずっと横になっている事もありました。そうすると自分がダメ人間に感じるかもしれませんが、そういう時は「体を休めろという合図」と考えるようにしました。

貴方の人生はまだまだ続きます。断薬は終わってみれば人生の中のほんの少しの期間でしかありません。

どうにもならないくらい辛い時は、あるがままに任せ、その時に出来る事を考えて下さい。寝るだけというのも出来る事の一つです。ほんの少しの買い物に出かけるのも出来る事の一つです。自分に悲観せずに今日一日を頑張ってください。

応援しています。

いつかこの日記を読んだ貴方が断薬を終えたら是非この日記のどこかで報告をして頂けると嬉しいです。それを読んだ別の方の励みになりますので。