恐れていた騒音問題勃発

私は今低層マンションの最上階に住んでいます。最上階にしたのは散々足音に気を付けない住人に悩まされたからです。今住んでいる所は壁も厚く、声などはほぼ聴こえる事もなく快適なのですが、足音などはうるさくかかとで歩く住人がいればかなり響くのは他の物件と変わりません。数か月ほど平穏だった我が家についに恐れていた事態が勃発しました。

メガトン級に足音に気を付けない住人が階下にやってきた

今迄静かだったのは下が空いていたからなのですが、ついに下に引っ越してきました。今は上階には挨拶に行かない方も多いので引っ越した事に気づくのが少し遅れましたが、「騒々しい音」が住人が入った事を知らせてくれました。

うるさいのは朝の6時くらいから夜中の0字過ぎまで断続的に続きます。どんな人が住んでいるか分からないのでそういう時って不安なんですよね。ずっと我慢していたのですが、ストレスがもうマックスを超えてしまい動悸が復活し、脳に例のモヤモヤした感覚が戻ってきました。そうです。抗不安薬を飲まないといられないような、デパスの効果が切れる頃の感覚です。

正直、これはまずい!と思いました。しかし、ソラナックス(2年前にとりあえずもらって飲んでないやつ)を飲むか真剣に悩みました。それくらいきつかったのです。

まずは不動産屋に伝える

薬を再度飲む事はなるべく避けたいため不動産屋にメールしました。とんでもなくうるさいと。

今まで経験した事がないような床を何十回もかかとで叩くような音までするなど、もはや普通の生活をしているとは思えないレベルでした。上階の私でこんな苦痛なのだから、さぞその下と横はきついのではと思いました。

不動産屋から全部屋へ注意喚起の手紙を配布と言う事をしてもらったのですが、結果としては全くよくならず。それどころかうるさくなるばかりで、せっかく断薬成功して平和な気分だったのが元に戻りそうで参りました。昔の私は直接速攻で文句を言いに行ってたのですが、今回はその立てる音から「やばい」人なのではという躊躇もあり、再度不動産屋に10日くらいしてから報告。

うるさかった理由

メールを見た不動産屋から電話があり話を聞いたところ、下には小さい子どもがいる事が判明。最初に書いたように音に対する防音性能が良いので子どもの声は全く聴こえなかったのですよね。だからまさかいるとは思わず。

子どもだと文句も言えないなと思い、分かりました、我慢しますという話はしましたが、電話を切った後に、「それでも足を床に何十回もたたきつけていたら、しつけをしてほしいものだ」と思ったのは事実です。それは普通言うだろうと。普通に公園で遊ばせるのと同じ感覚でマンションの部屋の中を走り回らせていたとしか思えないので(しかも一切の注意なし)。

というわけで、悪いのは親だと私の中で決定したわけです。他の住人の事も考えて必要なしつけはしてくれよなと。

正直、今もつらいのはつらいのですが、子どもに常識を求めるのは無理だなと思っているので、聴覚過敏時代によく使っていたイヤーマフなどを持ち出し、仕事中も防音状態を保っています。もう外のコワーキングスペースとかに仕事しにいこうかな・・・などとも考えたりしました。仕事できる部屋を探したのに本末転倒です。

ただ、少しだけ有難い事に二度目の報告の後、本人に連絡があったのか少し改善されました。もちろん完璧ではないものの、以前の完全にクレイジーな音の出し方ではなくなりました。それまでの3割くらいまでには下がったかなと思います。とはいえ、まだ動悸が条件反射で出てしまうし、脳のモヤモヤ感も出やすくなっているのでソラナックスに手を出さないように気をつけないといけないと思っています。飲めば楽なんでしょうけどね・・・。

さて、万が一用のソラナックスももらってから2年経ったし、飲まないけど新しいのをもらいにいこうかなとこの機会に考えています。飲まないけどお守りというか、飲みたくないけどお守りというか、もうそういうおかしな関係ですね。

断薬が成功しても、いつ何があるか分からないので、持っておくだけで安心するならもっておけば良いと考えています。持っているけど飲まないのと、持ってないから飲めないのとでは大きく違いますしね。

あー、もう静かに暮らしてくれる人が近くに来ないかな。ちなみに隣も空いているので次の住人に戦々恐々としています。誰か静かな方募集しています^^。