断薬日記は読む薬なのです

皆さんは離脱症状で苦しい時、断薬をやめようという意識が襲ってくる事があると思います。そういう私もこのサイトで公開している断薬日記の中で恥ずかしながら何度も挫折しかけている時があります。そもそも1度挫折して二度目の断薬で成功したわけですが、そういうネガティブな時に、断薬を成功させた諸先輩方(?)が公開してくれている断薬日記は精神的な薬として作用してくれます。

何故断薬をやめようと思うのか?

ここで少し考察タイムを設けたいと思います。

「貴方が断薬をやめようと思う時、そこにある理由はなんですか?」

これを読んで「そんなのは辛いからだよ!」と思われるかもしれません。まさにその通りですね。しかし、心の奥底ではそれは理由ではないのでは?というのが数年に及ぶ断薬を成功させた私の実感です。

断薬をやめようと思う理由は本当のところは以下の心境になるからだと考えています。

  • 離脱症状が本当に治るという事を信じきれない
  • 断薬を成功させて何のメリットがあるのかという疑問が生じてしまう

離脱症状が辛いのはもちろん断薬に挫折する理由だとは思いますが、その辛さが例えば「明日には確実に終わりますよ」と言われたらほぼ100%の方が挫折はしないと思うのです。つまり、終わりが見えているからです。

しかし、断薬による離脱症状はその内容も含め個人差があり、いつ終わるのか希望が持てなくなるため断薬をやめようと考えてしまうわけです。

つまり、今起こっている離脱症状が治る事が信じられず・・・というかイメージできず、さらには抗不安薬を飲んでいた時は良く考えれば平穏な生活だったではないか?という思いが出たりする事で断薬継続に対して戸惑いが出てしまうわけです。

さらに断薬未経験者や断薬非推奨の医師などからの意見にも惑わされるというのもあるでしょう。

断薬日記は読む薬なのです

本題に戻ります。

皆さんが信じるべきは誰か?と言えば、やはり断薬経験者の意見だと思っています。

断薬の経験がなく、しかも抗不安薬も飲んだことがない方の意見が正しいと思いますか?そこにあるのは自分自身が経験した知見からしか出てこないアドバイスに他なりません(もちろん悪意はありません。苦しそうな友達などを見れば楽になるアドバイス=再投薬をしたくなるのは理解できます)。経験した事がないわけですから、自分が知っている情報から判断してアドバイスをするしかないのです。

しかし、多くの断薬の経験を公開してくれている日記などは皆さんにとっての薬の役割を果たします。

中には挫折した方のものもありますし、また皆さんと同じく現在進行形の方もいるでしょう。しかし成功した方の日記も多くあるはずです。

その中から自分と似ている症状の方を探し、その方の断薬の経緯を知る事は精神的な負担や不安から貴方を開放してくれるはずです。

私はこのサイトの断薬日記ではとにかく自分に起こった細かい症状も書くようにしました。流石に離脱症状とは思えないものは外していますが、ここで紹介しているものについては、それまでの長い人生で経験した事がないもの、あるいは経験した事はあるもののレベルが全く違うものなどです。

断薬と同時にそれらが開始されているため因果関係は間違いないと言えるでしょう。

私はこのサイトを読んで頂くにあたってはなるべく最初から順を追って読んでくださいといろいろな所で書いています(「断薬日記の歩き方」参照)。それは結果だけを見てその離脱症状が治った事を知るよりも、経過を含めて治るまでの経過などを知る方が確実に皆さんが安心できるためなのです。

私の想いが通じたのか、公開してから本記事執筆までの間のデータを見ますと、一回の訪問で読んでいるページは約7ページ、平均して約7分程度滞在しているようです。これはかなり長い事を意味します。現時点ではリピーターが約57%と出ていますので、何度もアクセスしては続きを読んでくれているのだろうと考えています。

別に皆さんが読むページが多くなるからと言って私にメリットがあるわけではありません。メリットは皆さん自身にあると思っています。

断薬は経験上、とにかく長くなる事があります。年単位になりますと、なかなか辛いと感じる事も多くあります。

このサイトを含めた断薬経験者が自身の経験を残しているというのは、まさに後に続いて断薬を成功させたいと考える方のためであると言えます。経験談は確実に断薬中の方の精神的なよりどころになると考えています。成功するかしないかはもちろん私たちに約束出来る事ではありませんし、それぞれの方の経験談が皆さんにも同様に当てはまるかは分かりません。

それでも、断薬未経験者の意見よりははるかに意味がある「薬」である事は間違いないと思います。辛くなったらやめるよりまずは、経験談を読んで落ち着けて下さい。

その積み重ねが貴方の断薬をいつの間にか成功に導いてくれると信じています。頑張りましょう!