断薬時の収入はどう確保するか?

断薬中に困るのは収入源ではないでしょうか?断薬を経験すると分かりますが、例えば正社員として働いていた場合であっても、その離脱症状のひどさから休職を余儀なくされる方もいます。私自身は個人事業主で主に自宅で仕事をするため数年にわたるものであっても「そこそこ」何とかなりましたが実際にはかなりこの点は苦心したと感じています。

断薬する前に収入源は確保しておきましょう

このブログを読まれる方は実際には既に断薬中である方が多いと思いますので、今頃言われても・・・と思う方も多いはずですが、もし今から断薬をするという事であれば、ご自身の立ち位置と収入源の確保は事前に意識しておくと良いでしょう。

例えば一家の大黒柱の場合、仕事を休むというのは難しいと思います。多少の体調悪化なら耐えてやるしかないと思われるかもしれませんが、少なくとも私に起こった離脱症状を顧みる限りでは「とても仕事が出来る状況ではない」時も多いと感じています。

前述のように私自身は自宅での仕事のため何とかだましだましやって来れましたが、それでも業務の遂行はとても辛く、またちょっとした事で(クライアントからの返事が遅いなど)イライラしてしまうようになります。いわゆる極度のストレス耐性の低下が起こったわけですが、この状態になると、そこから何とか抜け出したいという意識が強くでてきて契約を自分から破棄してでも楽になろうという心理が生まれる事があります。

結果として私は複数のクライアントを自分から手放す事になりました。収入源としてとても重要なわけですが、それを自ら放棄する羽目になったわけです。そのため、断薬が終わった今も収入源についてはなかなか厳しいと言わざると得ません。私の場合、元々からある社会不安障害(SAD)は全く治ってないため(デパスやらは飲んで楽にはなるものの、まさにその場しのぎであり、治すというものとは大きく異なりました)、その関係もありなかなか新規のお客が取りにくいというのもあります。

見出しとしては収入源の確保をしておきましょうというようには書いていますが、場合によっては自分からそれを捨て去る可能性もあるという事は認識しておくと良いでしょう。

助けてくれたのは自分の趣味とブログ

元々私はWeb関係の事が得意と言う事もあったのと、そこそこ趣味があった事であるブログを書いていました。ブログで収入をあげるというと、このブログにもつけているAdSense(Googleの広告)やアフィリエイト(企業の商品を紹介など)などが一般的ですし、余程のことがなければスポンサーがつくわけでもないので自力で何とかするしかないわけです。

私の場合、運良く作った中のあるブログがジャストのタイミングで見事にはまり、2年ほど結構な収入を稼ぐことが出来ました。本業よりも一時は稼いでいましたし、かえって利益が出過ぎたので寄付までしていました(今はそのブログは全くダメですが^^;)。断薬時はどこにも行きたくないというのがありますので、必然的にその時の収入は貯金する事となり、それが今にも貢献していると言えます。どれくらい稼いだかはいやらしいので書きませんが、その時は「寝ているだけでお金が入る」とまで思っていました。私の場合、広告など一切出さずにSEO(独学)で検索順位を上げて、ライティングなども結構細かくやっていたのでその結果が出たのだと思っています。

話を戻しますが、自分で収入を何とかしないといけない場合には、私が考えるには下記のようなものが人との関わりもなく出来ると実感しています。離脱症状で苦しい時はこれくらいしか思い浮かびません。いわば内職のようなものですね。

  1. アフィリエイト
  2. GoogleAdSense
  3. 株などの投資

1が一番スタンダードなもので、2番目はお約束のものであり(今は結構中身がきちんとしていないと審査に落ちます)、3は貯金があって勝負勘が良い方向きです。こちらは物凄く減らす可能性もあるので注意が必要ですのでお勧めはしません。

ちなみに、ここでこういうサービスを利用するといいですよ・・・と私がアフィリエイトタグを仕込んで書くのは簡単ですが、この記事ではそう言う事はやりません。理由はこれまで書いた事が全部利益のため?と思われるのが嫌だからです。ここに書いている事は全部真実なので、そのまま読んで欲しいのです。ですので、AdSenseは全記事入れているのでそのまま同じですが、その他のアフィリエイトは今回は入れません。

実際にはアフィリエイトはかなり難しいです

私がアフィリエイトで結構利益が出たというと、簡単なのか・・・と思う方がいるかもしれませんが、正直「稼げる商材」についてはもはや飽和状態ですのでそこに新規で参入するのは難しいというか無理だと思った方が良いでしょう。それこそブログなりを適当に書く程度では1円にもならないと思います。

特によくある「日記」などであれば(そういえばこれも日記ですがw)なかなか人に読んでもらうのも難しいでしょう。なので、もし収入源としてブログなりサイトなりを作る場合には、何を書くか、どういう人にアクセスしてもらうか、どこで収入を得るか(マネタイズってやつです)などをしっかりと考えると良いでしょう。

その上でアクセスを集めるように意識し、このブログにあるGoogleAdSenseなどで地味に収入を確保するというのが良いかもしれません。まあ、AdSenseもほとんどもらえない人が世の中の大多数だと思います。かなりPVのあるブログでも全然というのもあります。

参考までにこのサイトはなぜ作ったか?

ちなみにこのサイトは基本的に今あるコンテンツで儲けようという考えは当然ながらありません。離脱症状で苦しんでいる人をサポートしたい、ただそれだけが「現時点の」目的です。とはいえ、運営するのにもサーバやドメインなどでお金がかかります。そのため、GoogleのAdSenseはブログ記事に入れています。ほとんど収入にはなりませんが、0よりはいいかなくらいの感覚です。

話を戻すと、希望的な話ではあるのですが、このサイトを中心にして何らかのリアルイベントなどができれば良いなと考えています。小規模な集まりで構わないのですが断薬をサポートするような企画を(それこそ数名参加でOK)いつかはやりたいなと思っています。体験談を聞くでもよし、私が相談に目の前でのるでも良しです。まだ、こちらのサイトは旧ブログ(気が付けば社会不安障害)から移転して間もないのでアクセスも少ないわけですが、もっと多くなったらと言う事ですね。そういう時にはさすがに私もボランティアでやる余裕がないので、少しだけ報酬を頂くかもしれません。

お金がつまると断薬もできなくなります

まとめますと、断薬時は収入の確保が普段通りにはいかなくなります。そのため、私の中では2年程度は万が一にも収入がほとんどなくても何とかなる道筋をつけておくのが良いかなと思っています。

断薬はいろいろな面で私たちに苦痛を与えてきます。しかし、それでも断薬に成功した後は、想像以上に心地よい精神状態が待っているのも確かです。薬に左右されない生活、薬を忘れても気にならない生活というのは思う以上に素晴らしいものである事は確かです。

長くなりましたが、断薬時にこれといった収入源がない場合には、必要に応じて対策を取っておくと良いでしょう。