離脱症状最強対策グッズは耳栓かも

お久ぶりです。いつの間にか断薬開始して3年を超えていました管理人です。本日1119日目、3年と23日目です。

長らく役立つグッズは耳栓です

今日は今までに使った離脱症状対策グッズの中でもっとも長らく使えるものとして耳栓にスポットを当てたいと思います。

現在はもう離脱症状というか、ストレス耐性の低下が残った状態なわけですが(もちろんやや軽減はしています)、特に他人の出す不快な音への耐性は相変わらず低いと感じます。

引越して7カ月のマンションの階下に家族が引っ越してきたのですが、一軒家から来た方のためとにかく足音がうるさいんですよね。マンションのマナーを知らないものだから、とにかくドンドンドンと歩くわけです。注意はしましたが、あまり変わらないので今は寝床を変えるなどして工夫しています。

そして、そんな中久ぶりに使ってやっぱり便利だなと思ったのが耳栓です。以前、聴覚過敏の時などにセットで沢山買ったのが今も余っているわけですが、ここ最近の音へのストレスもこれでかなり軽減されます。昼間は出かけるなどすれば良いのですが、寝る時ばかりは音に我慢するしかなかったため、この耳栓の有無は大きな違いと言えます。

実際にストレスで動悸がぶり返す事も多かったのですが、耳栓を付け始めて3日程するとほとんど気になる事もなく、熟睡しています。今は以前あったような睡眠障害は全くと言っていいほどないため、音さえ気にならなければ即座に眠りにつく事が出来ます。

音に過敏になっている方にとって自分にあう耳栓を探すという事はそれこそ生活の質を上げるために重要な事です。世の中にはいろいろな耳栓がありますが、お試しのようなセットで売っているものもありますので、そういうものを買って、自分にあう一つを見つける事を強くお勧めします。長い間にわたって効果を発揮する事間違いないでしょう。

話は変わりまして、最近の私はと言えば、やはり社会不安障害に悩まされています。この影響が仕事に明確に出ているので、近い将来何らかの決断をして、大きな変化を起こさないとまずいなとは思っています。

生きにくい状態ですが、そんな自分でも何とかできるように自分自身で道をみつけなくてはいけませんね。薬を飲まないと決めた以上、そういうものに頼れませんから自分が変わるしかないなと思っています。

皆さんも頑張りましょう!

離脱症状最強対策グッズは耳栓かも” に対して8件のコメントがあります。

  1. みっこ より:

    管理人様初めまして。

    離脱症状で希望が欲しく
    ブログ何度か読ませて頂いていました。
    色々な症状
    回復されて、本当に良かったですね!

    管理人様に質問させて頂きたい事が
    あります。

    顎の震え?歯がガチガチする症状は
    寒い時に震えてガチガチなる様な感じですか?
    毎日、一日中ありましたか?

    歯の食い縛りはどんな感じですか?
    毎日ありましたか?

    顔面の付随運動はどんな感じでしたか?

    私はベンゾと、ssriの断薬で
    顎が動きます。ウサギの様な口の速さで
    横に揺れる症状です。
    毎日です。

    医師に言うと、付随運動はジスキネジアです
    治らないと言われて
    絶望しています。

    管理人様のはジスキネジアとは
    違う症状ですよね。。
    ジスキネジアにも、食い縛りや、顔面の付随運動、口、顎の動きがあるので、

    そうだとしたら、治る希望もあると思い。
    医師に一生治らないと死刑宣告されたので、希望が欲しいです。

    管理人様はベンゾだけ服用されてましたか?

    私はベンゾの離脱でパニック起こして
    SSRIを一ヶ月半飲んで断薬して
    顎の症状がでました。

    コメントお返事頂けたら幸いです。
    よろしくお願いいたします。

    1. 気がつけば管理人 より:

      みっこさん、はじめまして。管理人です。

      不快な症状が出て大変のようで不安であるとお察しいたします。

      質問に答えさせて頂きますね。

      Q.顎の震え?歯がガチガチする症状は
      寒い時に震えてガチガチなる様な感じですか?
      毎日、一日中ありましたか?

      A.毎日ありましたし、意識すればずっとだったと思います。昼間はしゃべっていたり、食べていたり他の活動をしているのであまり気にしていませんが、夜は何もする事がなく意識がそこに行くのですぐに気づくのだと思います。寒い時に震えるのよりも高速ですね。

      Q.歯の食い縛りはどんな感じですか?
      毎日ありましたか?

      A.これも毎日ですね。とにかく歯が割れるのではないかと思うくらいぎゅーっとしています。今もたまにありますが、当時のものとは比べようもありません。なんでこんなに食いしばるのだろうと思うくらい無意識にやっていました。

      Q.顔面の付随運動はどんな感じでしたか?

      A.いろいろありますが、これは今も治ってはいないのですが(軽減はしています)、左の頬のあたりが上下にヒクヒクと動きます。日によって長さは違いますが、夜などはやはりそこに意識が行くので寝るまではずっとなっているような感じでしたね。

      その他はまとめて回答しますが、私が飲んだのはベンゾだけですね。SSRIはありません。

      さて、みっこさんの書かれたものを読んでの私の予想を書かせて頂きますね。これは気休めのために書くのではなく経験から感じる事を書きます。ただし、私は医者ではなく、あくまで実体験からの予想なので責任なども正確さも自信はありません。その点は自己責任で読んでください。

      まず、顎が横に震えるという事ですが、私の場合には縦でした。横というのは経験していませんが、父がパーキンソンなので症状は良く分かります。確かに横に行くのはパーキンソンではありますが、必ずしも私と同じ方向に行くものとは思っていませんので、決めつける事はないかと思っています(年齢が分からないのでなんですが)。

      私自身は顎の症状が出ているタイミングを考えますと、ベンゾかSSRIが原因だとしか思えません。

      私の場合も、薬を長年飲んで、やめた後に出てきている症状ですが、顎の震えはこのブログで出している時期別症状一覧でも1ヶ月目から18か月後まで続いて出ている事が分かるはずです(表はそこまでしか書いていませんが、実際にはその後も続いています)。

      つまり、結構長く治らなかったのは確かです。しかし、今現在(3年4か月経過)で言えば、たまに、「あれ?」と思う事はあるものの基本的には気になるレベルでは出ていません。つまり、忘れているくらいにはなっているという事です。

      そういう経験で言えば、まだまだ症状が出る可能性はあるけども、薬が原因である可能性が極めて高いため、いずれは治るだろうというのが私の見解です。

      実際、18ヶ月も続くと治らないと諦めてしまうものですし、私自身もそう思っていましたがだいたい3年くらいの時点では全体的に軽減されていました。この長さは人によりかなり変わるものですので、実際には数日から数か月で治る方もいると思います。飲んでいた薬、飲み方、体質、その他様々な条件で変わるかなと思っています。

      このブログにはいろいろな人が来ましたが、皆さん、最後には私の事を信じて頑張ってくれました。きついのは確かに相当きついのですが、もう無理だと諦めるようなものでも私は治るという事を経験しています。

      ですので、みっこさんも医者の言う事を鵜呑みにせずに治ると信じて日々を過ごされてはいかがでしょうか?

      みっこさんを安心させるために書いているのではありません。私は読んだ限りでは治るような気がするため、正直にその旨を書かせて頂きました。

      諦める事も絶望する事もないと思いますよ!長くかかる可能性はありますが、1年~1年半を過ぎるとその後はかなりはやく感じます。なので心理的にも耐えるべきはその期間かなというのが実感です。

      頑張ってください!治らないと思っていたものが治る経験をしている方はこのブログの読者にも沢山いますから!

      1. みっこ より:

        管理人様。早速のお返事。とても丁寧に教えて頂き本当にありがとうございます。

        管理人様も
        ここまで来るのに、とても苦しかったんですね。
        ブログでは、冷静にたんたんと、されているので、症状が軽いのではないかと思えてしまう位でした。

        でも、途中のブログで、普通の人がこの症状を味わったら、今すぐ病院にいくでしょうと。。そして、もしかしたら死んだ方がマシだと思うかもしれません。
        と言う様な感じで書かれていたと思います。

        私が正にそれで、寝てる時意外
        苦痛に耐えてそれだけで必死で本当に
        死んだ方がマシだと。。死にたくはないですけど、それぐらいきついです。

        こんなに酷いのは、 
        私だけじゃないんだと、管理人様も
        そうだったんだと、思いました。

        管理人様も、それくらいのレベルの時が
        あったんですよね。

        頭の症状は管理人様と違いますが
        最初からずっとあって、
        痛みがあり、辛いです。でも、ほんの少し
        痛みの度合いも弱くなってる気もします。

        管理人様
        今、少し残っている症状は最悪
        このまま一生残っても共存できる位でしょうか?

        管理人様が
        辛く、普通の人が味わったら病院行くレベル
        そして、死にたくなる様なレベルは
        だいたい、何年位ありましたか?

        管理人様も大変で忙しい中
        度々質問させて頂いてすみません
        また、お時間がある時
        お返事頂けたら幸いです。

        ちなみに、年齢は昨日40歳になってしまいました。年齢的にギリギリ位ですか?

        1. 気がつけば管理人 より:

          みっこさん、こんにちは。管理人です。

          このブログではどんなに辛くても読み物として面白くしようと思ってまして、実際には地獄のような苦しみでもなるべく明るくふるまうようにしていました。

          正直、ブログなど書けるレベルではない日も沢山ありましたけど、ネット上に物凄く詳しいサイトがなかったので(数日とか数か月のものはあるのですが、年単位でかなり詳しいと言うのは見つけられなかったので)、今後断薬される方の参考になるようにとがんばりました^^。

          みっこさんは頭痛があるのですね。私は頭痛は最初の3か月くらいはありましたが、それほどなかったのと、正直、他の症状に比べて頭痛はそんなに気にならなかったです(これは経験した事のあるもののため)。

          怖いのは経験した事のない様々な症状でしょうか。こればかりは治った経験がそもそも当時はないわけですから、心底怖かったですね。

          さて、質問への回答です。

          今残っている症状は共存できるか?という事ですが、今のままの程度であれば余裕でできます。今私が一番気にしているのは言語障害や理解力の低下ですが、これはもう治らないかもと少し感じています。ただ、これらも最悪期は本当にひどかったのでそれに比べれば許容範囲ですね。意識してゆっくり話せばそんなに他人にも気づかれないと思うレベルです。なかなか話す時に内容がまとまらない時もありますが、これも良く考えて話せば問題ないですね。

          おそらくみっこさんが今体験している苦しみを100とすれば、私の今の苦しみは10です。そらくらい楽になります(もし離脱症状が原因ならです)。ブログでも書いている虫が頭をはうような感覚は今もありますが、正直慣れました。なので普通に寝ています。

          死にたくなるようなレベルが続いた期間ですが、これは難しいですね。症状によって自分が辛いと思うものが異なると思うのです。最初に理解力の低下や言語障害が出た時は正直「終わった」と思いましたね。意識がはっきりしているアルツハイマーになったという感覚で本当にお先まっくらでした。なのでそういう時は気持ち的にかなりきつかったです。

          身体の症状として脳のふるえ感とかの時もきつかったですね。ただ、私が「時期別離脱症状一覧表」を18ヶ月で作るのをやめたところを見ると、だいたいそのくらいまでがきつい時期だったかなと思います。その後も2年半くらいまでは気になるものはありましたが、精神的に辛いと思ったのはおそらく1年半位だと思います。これは人によって変わると思いますので、みっこさんが短期間で終わる可能性もあります。3年以上経過してもまだ残っている私はかなり長い方かなと。ここまで来ると離脱症状ではなく後遺症だろうなとは思っていますけど^^;

          年齢が40才と言う事は私よりも若いのでまだまだ大丈夫ですよ。私はもう少し上です(見た目は30代ですけど。かなり若く見えるので^^)。だからギリギリなんて事はないですよ。

          離脱症状であれば、私の経験では遅かれ早かれ確実にびっくりするくらい軽減する時が来ます。今はそういうのが想像もできないと思いますが、スキップしたくなるくらい調子が良い時がいずれぽつぽつでてくるようになって、それが常態化する日も来るでしょう。

          みっこさんが今何をやっている方か分かりませんが(主婦、社員、パート、他)、自分の時間がある程度あるならゆっくり治せば良いと思います。

          治ると信じて頑張ってください!どうせ苦しいなら治ると思った方が気持ちも楽ですよ^^。

          *ちなみに返事はコメント通知に気づいたらなるべくはやく書くようにしています。朝気づけば朝書いていますね。驚くほどはやくても気にしないで下さい^^

          1. みっこ より:

            管理人様。お返事ありがとうございます。

            風邪をひいてしまって、ダブルできついです。。

            私は、去年の11月頃から
            仕事は行けなくなりました。

            仕事中に動悸が酷くて、パニック発作が起きて、そこから
            普通ではない、色んな症状が沢山でで。
            自分に何が起きているのか
            ネットでベンゾの事を知り訳のわからない症状の原因が
            薬のせいだと、言うことがわかり。
            そして、色んな人のブログや、アンシュトンマニュアルを見つけ読みました。怖かったです。
            眠れない、食べれない、心臓がヤバイくらいの動悸、ずっと脳が興奮状態。音が痛い刺さる、何もかもが怖い。錯乱してました。

            薬何か飲みたくもないのに、こんな、酷い事になる薬が怖いのに、
            パニック、恐怖感、動悸、苦しくて
            医師に出されたSSRIを飲んでしまったんです。その時は飲むしかないと思ってしまって。馬鹿です。飲んでも苦しいのは治らなかった。
            出されて一ヶ月間。飲まずに置いていたのに、
            苦しさから楽になりたい一心でした。慌てて飲んだので、徐々に増やして下さいと出されていたのに、間違えて次の段階の錠剤を
            飲んでしまったんです。25mgの所を50mg
            倍の量です。それを次の診察の時迄(2週間位)
            医師に言って初めて間違いに気づき、慌てて
            25mgに戻して、そこからまた、減らして早く止めないとと思って、一ヶ月半飲んで断薬しました。ずっとベンゾの離脱だけだと思っていました。
            でも、今考えるとssri止めてから頭がジリジリ痛み、かなり酷い頭痛でたまらなくデパス飲んだんですけど治らなかった。それまでは
            飲むと症状はおさまってました。
            SSRIの急な断薬でジスキネジアになった例があるとネットで見つけました。レアなケースだと思います。ついてないです。

            色々長く話してしまいました。すみません。

            治らないと思うと本当に辛くて余計に苦しい
            だけなので、良くなると信じて行くしかないですもんね。。

            とにかく、共存出来る位のレベルに
            なって欲しいです。。

            管理人様。色々教えて頂きありがとうございました。

            また、ブログ読ませて頂きます。

            1. 気がつけば管理人 より:

              みっこさん、おはようございます。

              風邪は大丈夫でしょうか?

              済んだことは戻しようもないので(SSRIを多く飲んでしまったとか)、その辺はもう気にする必要はないでしょう。それほど長い期間でもないですし。

              症状的にはほぼ私が経験した症状と同じですので、時間が解決すると思っても良いのではと思っています。もちろん断言はできませんが治るように思います。

              断薬開始からの期間が分かりませんが(会社に行っていないのは1年前からというのは分かりましたが)、2年経過時点ではおそらく、今では想像もできないくらい楽になっていると思いますよ。もちろん会社にいけるくらいには楽になっていると思います。

              完全にとは言えないかもしれませんが、ほぼ気にならない許容範囲までは元に戻っていると思います。私の経験ではありますが、その日を信じてゆっくり焦らずに頑張りましょう。短い期間で見ると治ってない事が気になって辛いと思いますが、長い期間で比較すると結構改善されていたりするものです。

              比較する場合には1ヶ月、2ヶ月前と比較してみると良いでしょう。このブログでも勧めていますが、日々の状態を日記に書いておくと、辛さの変化も比較しやすくなります。それを読めばまた頑張れると思います。

              まずは1日を乗り切るようにしましょう。

              1. みっこ より:

                管理人様、ありがとうございます。

                一日一日、乗り越えるしかないですもんね。

                もう1つ教えて頂きたいのですが、

                管理人様が、ソフト断薬?でしたっけ。

                それで、時々頓服されていたと思うんですけど、

                頓服した時は、離脱症状はぴたりと止みましたか?
                例えば、歯ガチガチ、食い縛り、頭の症状等

                飲んだ時はそれらの症状は無くなったのかと
                思いまして。

                また、よろしくお願いいたします。

                1. 気がつけば管理人 より:

                  みっこさん、おはようございます。

                  ソフト断薬で離脱症状が治るか?と言えば完全にというのは無理でしょう。軽減されるくらいに考えると良いですね。それでも軽減される、あるいは飲んでいるという安心感から気持ち的にはかなり楽になります。

                  元々ソフト断薬は一時的に症状を治すというよりも別の大きな意味があります。

                  断薬中の方は断薬するか断薬をやめるかの極端な二択しか通常もってない所にもう一つの選択肢を用意する事で断薬を継続しやすくするというものです。

                  辛い時に極少量だけなら飲んでも良いという自分の中での取り決めがあるだけで、実は断薬を頑張れるようになります。1回飲んだだけで断薬をやめる必要などそもそもありませんし、そこでそれまでの苦労が水の泡になるわけでもありません。一歩下がるだけですね。

                  私自身がそういう考えになったからこそ、ソフト断薬というものを思いついてやるようにしました。最初の方こそたまに飲んでますが、ある程度経つと全く飲まなくなりましたし。それがなければ多分断薬は私の場合には成功していなかったかもしれません。

                  後は人の体質によっては少量でも効く場合とそんなに効かない事もあるかもしれません。ただ、飲んでいるという安心感があるので少量でも気持ちは大分かわるのは確かです。

                  ソフト断薬を勧めるわけではありませんが、もし本当に辛いならば、トラウマになるのを防ぐためにも一時的に少量を飲むのはNGではないと今でも思っています。

                  私は医者ではありませんので、これが良いかどうかは分かりません。ただ、結果としてやめられたのは確かです。

                  以上、ご参考までに。

コメントは受け付けていません。