この快眠は多分想像できなかった

お久しぶりです。本日は断薬開始960日目(2年7カ月15日目)です。

良く眠れるようになった

断薬においての強敵な不快症状として不眠があります。私自身かなり長い間不眠症には悩まされました。いつ寝眠れるか分からない不安と戦い、そのまま朝になってしまった事も何度もありました。

その時は自分が眠れるようになるというのは想像もできなかったわけですが、ここ最近で言えば、快眠以上の快眠状態になっています。引越しをして日当たりが良いところにうつった事も理由としてあるのかもしれませんが、寝付くのもはやいですし、寝ると朝まで覚醒せずにぐっすり眠れています。

おそらく今現在、眠れてないとこの状況というのは想像が出来ないかもしれませんが、かなり長い間不眠に悩まされていた私でさえもここまで来ましたので、皆さんも我慢の先には熟睡が待っていると思います。

悩みはろれつが回らない事

さて、離脱症状こそほとんどなくなっていますが(頭に虫がはうようなものとか顔のマヒ感覚はまだあります)、今困っているのは何と言ってもろれつが回らなくなる事です。

言語障害の症状の一つではあるのですが、一部の言葉が話しにくく詰まってしまうわけです。これに関してはここ最近長く続いており、個人的にはもう脳がダメージを受けていて無理なのかも・・・と少し考えています。とはいえ、なったものを悔やんでも仕方ないので治るのを期待しつつ、このろれつがまわりにくい状況とつきあっていくしかないなと考えています。

今度セミナー講師をやるのですが、今は毎日、なるべく問題のない話し方の練習などを一人でやっています。まさに独り言状態なわけですが、何もやらないと不安になるので頑張るしかないでしょう。リハビリそのものですね。

薬を飲んでいなかったらこういう症状になっていたのだろうか?とよく思います。しかし、この思いは全く意味がない事にすぐ気づきます。たれればでしかなく、後悔しても始まらないわけですね。今はあるがままに受け入れて、その状態に心と体をならすしかないわけです。そうこうしている内に軽減していく事もあるでしょうから、それを長い目で待つというわけです。

皆さんの現在の離脱症状は分かりませんが、多くの離脱症状が次から次へと来ても、基本はこの通りだと思います。受け入れて前向きに頑張るという事。

時間がかかる事は覚悟した上で、ほんの少しでも良くなれば喜ぶようにして下さい。

この快眠は多分想像できなかった” に対して4件のコメントがあります。

  1. ぷーまり より:

    管理人さん、こんばんは(*^^*)
    お久ぶりです。
    かなり快復されて、元気にされているようで良かったです
    私も管理人さんに続けるように頑張ります

    1. 気がつけば管理人 より:

      ぷーまりさん、お久しぶりです。

      回復している部分とそうでない部分がありますが、生活への支障はろれつが回らないを除けばほぼありませんね。

      暖かい部屋に移ったのもよかったと思ってます。ぷーまりさんもめげずに頑張ってください。

      1. ぷーまり より:

        管理人さん、こんにちは(*^^*)
        かなり楽になったらコメしようと決めていたのですが、ちょっと挫けそうに
        なったので、ここに来てしまいました(>__<)ごめんなさい

        1. 気がつけば管理人 より:

          ぷーまりさん、こんにちは。電車で書いているので短く。

          ぶり返しは何度でもきます。治ったと思っても何度もきます。しかし、いつかはそれがかるくなっていき、あまりでなくなります。

          長い間飲んでいた薬の影響はすぐには切れません。また、経験上、季節の変わり目はどーんと悪くなりやすいです。私は冬が特に悪いですね。鬱ということを決めつけると、精神的に参るので、離脱症状だと決める方がいいと思います。生きていれば憂鬱になる時もありますよ。そんなものです。

コメントは受け付けていません。