断薬中の意識とそこを乗り越えた後の感想

本日はメイラックス断薬911日目です。間もなく2年6か月になります。

断薬中の意識はとにかくマイナスになる

今も離脱症状が皆無ではないため、私も断薬中なのですが、そうは言っても2年半も経過していますといわゆるきつい離脱症状の連続というのとはかなり違います。どちらかと言えば今は原疾患である社会不安障害の方が問題であり、離脱症状は余裕で耐えられるものが多くなっています。

思い返しますと断薬初期はとにかくきつく、その時に考えるのは「断薬を継続できるのだろうか?」という事につきます。

しかし、その後いくつもの山を越えて1年などある程度の節目を超えてもまだ離脱症状が残っていると「私はもう治らないのでは?」と感じるようになります。特にその時期になりますと一時的に状態が良くなる事もあり、それがまた悪くなったりすると不安や焦燥感、悲しみへと変わるためです。

断薬中はとにかくストレス耐性が下がりやすくなります。ちょっとしたことで傷ついたり、人との関係も1か0で考えてしまい、いっそのこと関係を切ってしまった方が楽だと考えてすぐに結論を出してしまう事もあります。後で考えればたいした事ではなくても、その時にはとてもきつい事だからです。

必ずよくなると考える事

私の以前の記事を読めば分かりますが、とにかく私もネガティブな意識になっている事がよくあります。もうやめたいと思った事も何度もありますし、この病気はもう治らないのでは?と思った事も何度もあります。薬をやめた事がそもそもの間違いでは?と思った事も数知れずです。

そういう時に多くの経験者の記事を読んでは勇気をもらうわけですが、面白いものでその時に改善するという記事を読んでもなかなか信じられないものなのです。それくらい自分がきつく、まさかそのきついのから抜け出せるというイメージがわかないからです。

私もそうでした。何度も絶望しました。このブログでは何度も明るく振舞っていましたが、正直、「ふり」です。本当はきつかった。でも、文字としてそういう悩んだ感じで書くと、もう自分を律せないのですよね。だから明るく乗り切るような感じで書いていました。

さて、結果として私の離脱症状はなくなってはいなくてもかなり軽減しています。一生残るものもあるかもしれませんが、過去の離脱症状が「共存できない」レベルのものであったのに対し、今の離脱症状は「共存できる」レベルのものになっています。

つまり、一生残ったらどうしよう?と悲観するものでもないと言う事です。薬を飲んでいればこういう苦労はしていなかったかもしれません。しかし、これだけ脳に影響を及ぼす薬をさらに飲んでいたらどんな大きな被害を受けるか分からないとも思いませんか?私はそれを考える方が怖いです。

長くなりましたが、多くの経験者が書いているように、そしてそれを信じきれなかった私でさえも、やはり状態は改善していっています。

断薬が苦しくても必ずこういう時期が来ると思います。完全に治るかはまだ私にも分かりませんが、少なくともお笑い番組を観て自然と大笑いするようになりますし、感動のドラマを観て泣けるようにもなります。

きつい時はなるべく余計な事を考える時間を作らないに限ります。他の何か(私は終わりのないゲーム)とかも好き嫌い別にしてやると良いでしょう。何かにのめりこめば、その間は少なくとも不安感もなくなるでしょう。

焦らずに。一歩一歩。

断薬中の意識とそこを乗り越えた後の感想” に対して8件のコメントがあります。

  1. ぷーまり より:

    管理人さん、こんばんは!上記の管理人さんのブログは、今苦しみながら離脱症状と戦っている人達へのこれ以上ない励ましの言葉が沢山詰まっていて、何度も何度も読み返して自分に言い聞かせながら物凄く勇気を頂いています…
    今の日本の中で離脱症状の苦しみを理解してもらえる施設、医者などはほぼ皆無だと思っているし、家族や友人でさえ、辛さを理解する事は難しいと思います。
    正直、孤独で、毎日潰されそうになりながら、経験者様のブログから似たような状態を探し、治る過程を読みながら何とか凌いでいます。そんな中で、管理人のブログはもう駄目だ…どうしよう?とめげそうな私を明日へ繋いでくれる、今では唯一の希望のノートとなっています!私と同じように苦しんで戦っている減薬、断薬中の方が1人でも多く管理人さんのブログ見て、一緒に頑張れたら嬉しいなと思います!
    今日も風邪気味もあり、離脱症状が強くなってて、絶望感で一杯になって、元気を頂く為に管理人さんのブログ読みに来て、気持ちが少し楽になりました…
    終わりのないゲームって…?
    今は寒いので、1人公園行っても風邪引きそうで…笑

    1. 気がつけば管理人 より:

      ぷーまりさん、こんばんは。

      本日の記事が役立って良かったです。以前はアクセスがそこそこあったのですが、今は検索エンジンでの順位が高くないのでほとんどアクセスがありません。

      私としては個人が記録する断薬情報では最も多い(はず)と思っているのですが、なかなか多くの方に読んでもらうには至っておらず残念です。

      終わりのないゲームというのはシミュレーションゲームですね。いわゆるソーシャル系のゲームはどんどん機能を追加していくので終わりがありません。

      当然無課金でやります。お金を使うとすぐにやる事がなくなってしまいますので。あくまで気持ちを他に向けるのが目的なので^^

      公園は天気の良い昼間にいきましょう!夜は危険ですしね。

      1. ぷーまり より:

        管理人さんこんにちは…昼間からごめんなさい。
        夜は比較的楽な日が増えてきたのですが、日中の焦燥感が辛くてまた書いてしまいました!
        今も1人でウトウトしていたのですが、時間を無駄に過ごしてていいのか?もうゴロゴロ生活続けて1年だぞ…呆けちゃうぞ…などのぐるぐる思考が襲ってきて、昼寝もできません…焦燥感で動悸までしてきます…2ケ月前くらいから朝散歩から帰ってきて、掃除、洗濯、食事以外の時間をゴロゴロ過ごす事が
        恐怖でしかなくなってきました…かと言って、今集中力も意欲も低下しているので、ゲームやったり動画見たり、本を読んでみたりしますが長続きしないで飽きてしまいます…
        ゴロゴロするしかないので、それで耐えるしかないのですが、1年こんな生活をしていたら最近になって
        焦燥感や不安が募り過ぎて動悸がしてきてしまいました…
        管理人さんはお家でお仕事をされているようなので、暇人の私とは状況は違うのかもしれませんね…
        私も仕事でも?と考えたりしますが、そもそもやる気がないのに、何を言い出すんだ?と家族に笑われるわで、、、
        朝起きた時にあー今日もやる気出てないし…って憂鬱モードから1日が始まり、洗濯、簡単な掃除を終えた午前10時くらいから夕方4時頃までの時間をやり過ごす事が今1番辛くて発狂しそうです。
        管理人さんは当時こんな状態の時はありましたでしょうか?
        今自分の中でかなりキツイ時期なのかもしれませんね…連日ストーカーのようにコメしてしまう事をお許し下さい。ご迷惑であれば削除して下さい

        1. 気がつけば管理人 より:

          ぷーまりさん、こんにちは。仕事していたのですぐにコメントが入った事に気づきました。

          朝起きて洗濯と簡単な掃除をしているのですよね?充分ですよ。私なんてもっとひどかったし、それこそ今もだらだらしているようなものです。2年半もですよ!1年くらいで焦る必要はありません。

          とはいえ、焦りますよね^^

          私は散歩以外では安い喫茶店でお茶を毎日のように飲んでいました。今もよく行きますが(今日はノートパソコンを持ち込んで仕事していたのですがやる気でずにすぐに断念)、喫茶店でぼーーーーっとしていました。

          自宅はもっともネガティブになる場所なので場所を変えるのが一番です。まあ、喫茶店はお金はかかりますけど。

          あと、日記つけていますか?毎日の症状とかを書いておくと良いですよ。私は3年日記を買って今もつけています。昔は体調悪いネタばかりでしたが最近は少し傾向が変わってきましたね。

          日記などは自分が改善している事を明確に理解できるものなので記録しましょう。

          1. ぷーまり より:

            追伸…要は、元々自分の趣味だった、買い物、水泳、お菓子作り、など、暇な時間が沢山あるのに
            昔のようにやろう!作ろう!出かけよう!といった気持ちになれないんです…
            娘や友人に強く誘われれば、外食や映画なども普通に楽しめるのですが、平日の日中1人で何か行動を起こすという気持ちにならないのです
            1人で何もやる気にならない→散歩以外平日家に篭る→焦燥感→動悸→一生このまま?
            すいません…もう上手く表現できないのでやめますね。

            1. 気がつけば管理人 より:

              ぷーまりさん、追伸の前に既にコメントを書きましたのでそちらを参照して下さい^^

              1. ぷーまり より:

                管理人さん、自分を律する事が、出来ない駄目駄目な私にお返事ありがとうございます…家族にもブログ全部読んでもらいますね…日記ですが、少し前まで簡単に付けてたんですが、やる気なし、今日もやる気なし…と回復しない症状に怖くなって止めてしまいましたが、回復を感じられなくても続けるべきなんでしょうか?
                ブログ読ませて頂いて管理人さんと私の違いが明確に…汗
                管理人さんは自分を冷静に客観視出来ること!毎日きちんと記録を残すこと!
                離脱症状が酷く、きつくても1人で外に出ていること!
                どんな状況でもポジティブになれていること!
                私はネガティヴで、1人では何も出来なくて篭りっぱなし、愚痴ばかりで自分を客観視出来ない!
                何とかしなければいけませんね…

                1. 気がつけば管理人 より:

                  ぷーまりさん、こんにちは。

                  誰しも全くダメな時期はありますよ。人生の一時期と思って諦めるしかありませんね。ダメな時はダメです。

                  日記はダメなときこそダメでもいいので書いておきましょう。おそらく1年後に読んだら笑ってしまうはずです。この時の自分はかなりまいっているな~って。

コメントは受け付けていません。