本日でメイラックスの断薬開始から丸二年となりました

早いもので本日で断薬を開始してから2年となりました。明日から3年目となります。

吐き気がきつい毎日

ここ数日はとにかく猛烈な吐き気と戦っています。SAD絡みの状況があるときなどはさらに激しくでるような状態で、もう何が原因か全くわからない吐き気で困っております。

とりあえず離脱症状ではないと思いますが、はやいところこの吐き気から逃れたいものです。

その他の症状はもうほとんど変わらずです。残っているものは残っているという状態でしょうか。

記憶障害はまだまだ治ったという言葉とは程遠い状態で思い出せない時があります。ただ、最悪期よりは良いのは間違いありません。

眠るときの頭の不快な感覚は今も残っており、何かを頭に巻いてしめつけないと気になって眠れません。これも長いですね。明らかに軽くはなっているのですがまだまだです。

3年目を迎えるにあたり思う事があります。断薬をほぼ成功させた身ではありますが、断薬前の投薬中の安定した状態が懐かしくなることはよくあります。もちろん、薬に依存しており、忘れでもしたら大変な精神状態になるわけですが、それでも飲んでいた時と今ではいわゆるQOLは当時の方が高かったと思っています。

今断薬をしている方を迷わせるようで申し訳ありませんが、もしSADなど元の疾患が治ってない場合には、断薬をする事で得られる解放感と引き換えにある程度の安定した精神状態が損なわれる事も事実だと思っています。

ただ、やはり薬を飲まないでいられる安心感というのは大きいですし、それらを何十年も飲んだ時の副作用を考えればやめる方が無難だとは思っています。

周囲に理解者や、薬がなくても大丈夫な環境があれば、やはり断薬は望ましいとおもいます。

さて、明日から3年目。もう断薬を意識する事はほぼありませんが、今目の前にある吐き気をはやく治す事に集中したいと思います。