断薬関係の経験的FAQ

今回は趣向を変えまして、当ブログへアクセスされる方で多い検索キーワードに対して、私の経験からの回答をさせて頂きます。

なお、とても重要なので先に書きますが、調べた限りベンゾジアゼピン系の薬を断薬する事での離脱症状などはかなり個人差があります。全くと言って良いほどでない方もいるようですし。何年も続く方もいます。長期間飲んでいる方ほど、症状が出やすいように思いますが、やはり個人差が大きなものであると思います。そのため、このページでの回答は私の経験でしかないという事をご理解下さい。

アクセスキーワードで多いものに対する経験的FAQ

★キーワード「メイラックス 離脱症状」

期間別に出てきた症状を表にまとめました。参考にしてください。なお、私自身はこの表に記載のものは全て離脱症状と理解していますが、もしかしたら別のものが原因である可能性もあると思います。ただ、あまりにおかしいものは内科や耳鼻科その他で検査をしてもらっています。その上で判断しています。

★キーワード「社交不安障害 仕事」

何気に多いのがこのキーワードです。社交不安障害というのは社会不安障害の今の名称です。これは私も気になるのですが、この病気を気づく前は普通に苦手なシーンのある仕事をしていました。今は個人事業主としてほぼ人と関わらないでも出来るような仕事をしています。但し、正直に言えばこの選択は間違えていたと思っています。ますます人と関わらなくなるので病気が治らなくなります。そのため、出来るなら適度に人と関わらないといけない仕事の方が病気を治すためには良いと思っています。

★キーワード「ベンゾ 離脱 いつまで」

おそらく今離脱症状と戦っている方だと思います。これは前述の通り個人差があります。それまで飲んだ期間、量、その他様々な要因で時間が異なると思います。私は本日が断薬開始から681日目ですが、まだ症状は残っています。但し、社会不安障害の症状は別として、離脱症状だけで言えば、問題なく我慢できるレベルまで落ち着いています。慣れもありますね。

★キーワード「sad カミングアウト 仕事」

何気に複数いるのですが、これは私もそういう記事を過去に書いたからだと思います。これは今の私の本音ですが、カミングアウトできるならした方が断薬は続けやすいと思います。心療内科の病気というのはどうしても人に話しにくいと思ってしまいます。自分で認めたくないというのもあるでしょう。そのためさらに悪くしている気がします。例えば仲の良い方だけでも話せそうなら話した方が良いように思います。今の私はと言えば、少しずつ伝える方を増やしています。

★キーワード「減薬 離脱」

減薬期間での離脱症状だと思いますが、これはもう断薬時とあまり変わらず普通にきますね。そのため時間をかけて少しずつ量を減らす事が必要となります。医師と相談してこの辺は慎重にやってください。・・・と相談せずにやった私が言うのもなんですが^^;。私の場合、減薬時には状態によって量を少し戻したりといわば3歩進んで2歩下がるような感じでやりました。4か月程かけましたが、もっとかけた方が良かったかもと今は思っています。

★キーワード「メイラックス 一気断薬」

絶対に勧めません!地獄を見る可能性大です。考えただけでも恐ろしいです!もちろん、これでも問題なく出来る人はいるようですが、減薬は必須だと思います。そもそも減薬を長期間やっても辛いのですから。

★キーワード「社会不安障害 甘え」

いえいえ、精神論で何とかなるものではありません。病気です。脳の。まあ、理解してもらえないから辛いのですけどね。腹痛と病気になる場所が違うだけの話と人には言っています(これが正しいかは別として納得してもらうために^^)。

★キーワード「デパス やめれない」

これは本当にそうですよね。私も最初はデパスでメイラックスよりもこちらの方が長いです。医師にやめたいと相談してもまったく薬を変える気もなく、延々処方するので病院を変えました。そこで出会ったのがメイラックスです。実際にはメイラックスも断薬がきついのですが、私の場合、デパスのままだったら多分断薬は諦めていたかもしれません。6時間ごとに禁断症状みたいなものが来ますからね。あれはきつかったです。外出時に忘れようものならもう大変でした。まさに依存ですね。もう二度と飲みたくないのがデパスです。

★キーワード「メイラックス 抜け毛」

そんなに多くないのですが私もこれで悩んだので。正確には断薬時に薄くなりました。はげの話をこのブログでも何度か書いていますが、坊主にしようかと真剣に考えるくらい薄くなりました。今はと言えば、いろいろと努力をした事もあり髪にコシが戻り、自分で「薄すぎる!」と思う事はなくなりました。これは本当に良かったです。

★キーワード「メイラックス 断薬 成功」

私は一度挫折して今が二度目なのですが、もう2年近くなので成功と言って良いと思いますが、私が成功した理由は「断薬」へのこだわりを捨てた事、これにつきます。つまり一度飲んだら断薬は終わり・・・という1か0かという考えを捨ててソフト断薬というものを自分に許したことです。短時間で効き目が切れるソラナックスを本当に辛い時には半錠飲むという事を認める事で、今ではほぼ何も飲まない日が訪れました。

★キーワード「社交不安障害 完治」

私が聞きたいです。私は全く治っていません。薬を飲んでいる間だけ緩和されていました。今は飲んでいないので私の苦手なシーンが来ると瞬間で体調が悪化します。そのために今もソラナックスは持っています(ほぼ飲みませんが)。頓服的に必要な時だけ飲むつもりです。

沢山書いたのでこの辺で終わろうと思いますが他の方の断薬の日記などを読むと、断薬に失敗して入院している方も結構いるようですね。実際にはよく分かります。というか、一人で断薬をやった自分の当時を思い出して、よく入院せずに耐えたなと自分で思います。もうあの頃には戻りたくないですが、どういう方法であれば断薬がうまく行くか?という完全な決まりはありません。人によって合っている方法は変わると思います。

長くなりましたが、参考までに。