聴覚過敏はおさまってきました

5月6日の更新で聴覚過敏が復活してきた旨を書きましたが、ちょうど10日後の現在について書いておきたいと思います。本日はメイラックスの断薬を開始してから677日目となります。

いつの間にか聴覚過敏は消えていた

ずっと忘れていたのですが、聴覚過敏は既に消えております。多分、耳を酷使したのも終わり蓄積された耳のストレスなどがなくなったのが理由ではないかなと思います。

というわけで耳に関する症状は今はなしです。

せっかくなので今残っている症状を列挙しておきます。

・寝る時の頭を虫がはう感じ
やや軽くなっていますがタオル巻きなしではまだ無理です。このブログを読んでないとどう巻いているか分かりにくいと思いますので書いておきますと、おそらく貴方の想像の反対向きです。縦なんです。てっぺんがその症状なわけですが、横巻きですとその部分が気になったままです。そのためタオルを縦に巻き、顎の部分は手でつかんで引っ張る感じです。なので物凄く眠りづらいのは確かです。ある程度すると疲れとともに眠ってしまいます。

・やる気・集中力の低下
これは相変わらず低いです。最悪の時期よりは良いものの自分の最大集中力(そんな言葉ないけど)に比べれば1~2割程度しか集中できません。自分で甘えてるなと思うくらいできません。

・ストレス耐性の低下
多少改善されているものの、客観的に見て耐性は低いですね。なので、できるだけ意識して「落ちつこう」と考えています。となると、あまり人と交流しなくなるわけですので、SAD(社会不安障害)の認知行動療法も進まないという悪循環。

・記憶障害・言語障害
これもかなり改善されていますが、言語障害の方が気になる時は多いですね。思った事がすぐに口から出ないとか、どもったりとか。

気になるのはこれくらいですが、それでも現時点での気になるというのは、正直、今離脱症状が最高潮の方からすれば天国レベルだと思います。なので、この時期まで頑張ればほぼ真人間です。あえて言えば残っているものを書いていますが、いずれもそんなに気にしていません。もう慣れですね。気にしても仕方ないので。

どっちかというと収入減という症状の方がきつくなってきました。SADが治ってないのもあり、積極的にできないわけです。そのため自営業の私としては営業ができない。つまり収入が減るという事ですね。自営業の良いところは離脱症状と戦いやすいという点。これは会社に行かないで良いので苦しい時は横になれるからです。その反面、収入面がきつくなります。まあ、この辺はいずれ何とかなるでしょう・・・と変な所で能天気です。

今は薬を飲まないでも生活が出来ている事に感謝するだけですね。睡眠もほぼ毎日きちんと取れていますし(もちろん睡眠薬なし)、こういう普通の生活までたどり着けたわけです。ここから新たな人生のスタートかなと思っています。

今、離脱症状で苦しんでいる方も頑張りましょう。信じれば私のような状況までたどり着けます。そして最初は長く感じる道のりも半年超えるくらいからはやくなっていき、1年を超えるとその後あっという間に過ぎ去っていきます。

目指せ!真人間!