メイラックス断薬558日目

昨日がメイラックスの断薬を開始して558日目となります。

意識しない時間がほとんどになっています

最近このブログの断薬開始からの症状記事が減っていますが、理由は一つにはそれほど変わらないというのがあるのと、もう一つは断薬中というのを意識しない時が圧倒的に増えているためです。

私のように6年毎日飲んでいたものでも558日目となると、当初の離脱症状はほとんど影を潜めています。皆さんの状態がどのようなものか分かりませんが、ひとつの目標目安になると思います。

離脱症状がないわけではないのですが、慣れてきていますのでそれほど気にしなくなってきています。

そんな今の症状は1ヶ月前とあまり変わっていません。最も気になるものから順番に書くとすると

1.言語障害(理解力・計算力の低下含む)
・・・他の人からはろれつが回ってないようには感じないみたいですが、話している本人はかなり意識して話しています。また文章構成力(話す時の)が低いままです。

2.記憶障害
・・・こちらは残るもののかなり改善されています。当初の恐怖を感じるレベルの記憶障害はここ最近はありません。度忘れかな?と思えるくらいには気もちも安定してきています。

3.寝る時に頭を虫がはうような感覚(ドクドク感)
・・・相変わらずですがこちらも少しは弱くなっています。とはいえ、気にならないようにするために頭から顎にかけてタオルをまわして手で持っているのは今も同じです(言葉で紹介しにくいのですが・・・)。

離脱症状はほぼこれだけなのですが、社会不安障害(SAD)の症状は全く改善されてませんので、緊張しやすかったりというのは今も残っています。今後はこちらの認知行動療法をやっていくしかないのですが、ご存じのように前向きに考えても行動を伴わせるのが難しいのがこの病気。

まあ、ゆっくりと、それでいてしっかりと改善させたいと思います。何も考えずにいろいろなことにトライできていた時代の自分に戻りたいものです。大学時代からSADになりましたが、いやはや面倒な病気ですね。