セミナー講演依頼が来たけども・・・

今朝、セミナーの講演依頼が来ました。久しぶりですね。何といっても断り続けているので、依頼そのものが減っているわけですから。もちろん本業(内緒^^)での講演です。

気持ちが錯綜する時

こういうセミナーの依頼を受けるといつも思うのは「やってみたい」という事です。私自身、話すのは嫌いではないのですが、いかんせん予定の決まっている状況で人前で話すとなると社会不安障害の症状が物凄く強く出てきてしまいます。

吐き気、下痢、その他、とにかく経験したくないくらいの不快な症状です。もちろん、断薬前はメイラックスを常用していましたが、それでもそういう症状はやや軽くはなるものの普通に出てきていました。

そこで、いつものメイラックスに加え、ソラナックスを1~2錠、追加で飲んでいたわけです。2錠となるとややふらふらになるわけですが、それくらい飲んで、何とかセミナー講師を誤魔化しつつ実施できるレベルでした。

もちろん、薬以外の工夫もします。セミナーですと私の紹介を司会の方がするのですが、実はそういう待ち時間に調子が悪くなるのです。そのため、私の紹介は自分でするのですぐにセミナーに入らせてもらっていました。つまり全て私のタイミングで開始するというわけですね。

参加者にいかに「吐きそうだ」と言う事が分からないようにするかが勝負だといつも思っています。

そして、今。

断薬をしていますし、メイラックスはもう二度と飲むまいと決めていますので、ソフト断薬用のソラナックスだけが頼りとなります。それも多くても1錠までです。しかし、正直な気持ち、今の自分ではソラナックス一錠でセミナーをできるかかなり不安なのです。

そのため、今回も断る事にしましたが何とか来年は復活に向けて気持ちの調整をしてみたいと思っています。

SADと気づく前は仕事で否応なく人前で何度も話をしていました。しかし、その都度激しい吐き気に襲われていました。その事を思い出すとどうしても思い切って前に進めない自分がいるのも事実。

しかし、私のノウハウが求められるならそれに応えたいと思う気持ちも強いです。いつ、一歩前で自分が勧めるのか、そしてそれが近いのか、断薬後にそれを普通にこなせるようになれば、本当の意味で断薬成功かなと思っています。