MRI検査受けてきました!

以前こちらのブログで検査しますって話を書いていましたが、今日、その検査日でした。脳のMRI検査です。

今日ほどキャンセルしようと思った検査はありませんでした

今までいろいろと検査受けていますが、今日ほど受けたくなかった検査もなかったと思います。

昨年末に別件で受けたら白い点がぽつぽつと結構あるのが見つかって、それがいつできたものか分からないのでという事で1年後に予約を入れてもらいました。

その時点では特にそれほど意識はしていなかったのですが、ご存じの通り、ここ最近の症状として記憶障害、言語障害、理解力の欠如、集中力の欠如など、どう考えましても脳にリンクする症状が多数出ていましたので、もしかすると今回の検査では結構状態が悪くなっているのかもと正直覚悟していました。

断薬をした他の方のブログを読むと、断薬すれば記憶障害は治ると書いているにも関わらず、私はベンゾジアゼピン系のデパスやメイラックスの投薬中は記憶に問題がなかったこともあり、原因は離脱症状と思いこみつつも、もしかすると脳に別の問題があるのではと考えていました。

実を言えば、一週間前は適当な理由をつけてキャンセルすると決めていました。でも、思ったのです。理由が分からないまま記憶障害と戦うってのはもっと不安なんじゃないか?と言う事をです。そのため、検査をきちんとうけて結果をうけいれようとここ数日で腹を決めたわけです。大げさに思う方もいるかもしれませんが、本来、記憶障害が出るような年ではないのにそういう症状が出るというのは、まさに恐怖でしかありません。

意識がはっきりしているアルツハイマーみたいなものなのですから、本当に怖いです。

で、本日の検査の結果の話になりますが、社会不安障害は治ってない事もあり、検査前は何度も病院のトイレに駆け込んだりしましたが無事に検査も終了。

診察室に入って聞いた結果は、昨年とほぼ変わらずと言う事。つまり白い点がふえていなかったのです。

という事で、今の記憶障害は離脱症状確定となりました。何でもそうですが、原因は一つずつ、つぶしていかないと分からないので、今回検査を受けて結果的には本当に良かったと思っています。

それに記憶障害も完璧ではないものの、最悪期に比べてかなり改善されてきています。当時なら絶対に思い出せない芸能人の名前も出てきたりします。これはもう嬉しいですね。記憶障害の改善は手に取るように自分で認識できるのでありがたいです。

で、診察時に離脱症状の関係で白い点が増えていると思っていましたという話と、このブログの話をしたところ、興味を持っていただきこのブログをその場で見てもらったのですが(まさかの展開!)、とても参考になると言って頂きこれまた嬉しい限りです。

ブログを書いているのは、そもそもここまで細かく書いているものがないので、誰かの役に立てばというのと、あとは自分で症状が改善しているのを視覚的に確認する事で断薬を継続するのが目的なわけです。

まだ離脱症状がなくなったわけではないので、それが完全になくなるまでは続けたいと思います。なくなっても、このブログはそのままにしておきますので皆さんの参考になれば幸いです。

というわけで、今日は久しぶりに良い日になりました。

・・・と、さすが人生。オチというのはあるもので、帰ってくるとポストに先日受けた健康診断の結果が!まあ想像していた部分ではありますが、遺伝でずっと高い中性脂肪と悪玉コレステロールが点灯していました^^;

痩せているので、この話をすると結構驚かれますが、高いんですよ。うちは・・・。せめて明日届いてほしかったけど、まあよしとします!

皆さんも記憶障害が出たら念のためMRI検査をうけるといいですよ!(今だから言える言葉^^)

MRI検査受けてきました!” に対して4件のコメントがあります。

  1. のぶ より:

    初めまして
    うつ病とパニック障害で6年超、向精神薬を飲んで、昨年末にベンゾジアゼピン依存の事を知り、減薬にとりくんでいるものです。私もメイラックスに置換し、0.125mg/dまで減薬していますが、やはりこの夏に0.5からの断薬んして、余りの苦痛で13日で断念、再服薬を余儀なくされています。管理人さんの諸症状は自分のそれとほとんど同じで、特に記憶障害は酷く、MRI検査の上、物忘れ外来を受診しましたが脳実質には異常所見は無く、離脱症状の1つとの確信を強くしました。断薬には至ってませんが、自分流に運動やら頭の体操やら工夫して、最近になって少しずつですが回復を実感できる日、時間が増えてきています。このブログには本当に励まされています。これからも宜しくお願いします。

    1. 気がつけば管理人 より:

      のぶさん、始めまして!

      私と薬を飲んでいた期間もそっくりですね。

      のぶさんの13日目での断薬挫折は私の第一回と同じですね。本当にその辺が鬼門な気がします。2回目もその周辺は覚悟はしていたものの、やはり地獄の苦しみでしたので。

      記憶障害でMRIをされたのですね。脳に異常がないという事で良かったですね。離脱症状から記憶障害、言語障害、理解力・集中力の低下を起こしている方は探すとそこそこいらっしゃいますね。

      断薬に入るのは怖いと思いますが、すぐに捨てる事もありませんし、私のやっているソフト断薬を試してみるのも良いと思います。結構自分で言うのもなんですが、あれを認めたおかげでここまでこれたと思っています。

      短時間型のものを頓服で飲む分には依存はほぼ関係ないと思いますので(それ以前に依存しているわけですが^^;)、次回はそういうちょっとした逃げ道も用意しておくと心理的な安心にもつながると思います。

      とはいえ、それが良いのか悪いのかは分かりません。あくまで私の体験ですので、自己責任でという事にはなりますが。

      自分自身でいろいろと工夫をされて改善傾向があるようですので、そのまま頑張りましょう。きっといつか断薬できる日が来るはずです。

      このマニアックなブログが少しでもお役に立てているのであれば幸いです。

      今後とも遊びに来てください^^

      P.S.
      次回ご記入の際はメールアドレスをいれないでも大丈夫です。必須項目にはしてませんので。システム的にはずせないようなので出ていますが・・・。

  2. ゆり より:

    検査おつかれさまでした!
    やっぱり離脱症状でしたか。
    今だから言いますが、わたしはきっとそうだろうなと思っていましたよ^^)
    だってこんなしっかりしたブログを書いている人が、突然記憶がへんになったと聞けば、そりゃリダツだろーと思いますもん。

    こちらのブログはいつも一定のトーンの文章で、
    離脱症状にイラつく日もあるでしょうに、いつも穏やかで落ち着いていて、読んでいて気持ちがなごみます。ありがとうございます。
    さすがにきょうは嬉しさがビン!と伝わってきましたよ☆

    わたしは13ヶ月目にはいりましたが、11月になったとたん酷いぶり返しにあいました。きのうの夜から軽くなって、きょうは調子がいいみたいです。
    お天気も関係あるかもしれません。

    1. 気がつけば管理人 より:

      ゆりさんこんにちは。

      コメントありがとうございます。そうなんですよね。第三者目線で見ると離脱症状だろうと感じますよね。自分の事になるとどうも^^;

      でも記憶障害って本当に怖いですよね。人間が壊れていく感をかなりリアルに感じるので心底恐怖を感じます。他のきつい症状は「きつい!逃げたい!」と思うわけですが、記憶障害とかは「やばい!どうなるんだ?」って感じです。

      このブログではどんなにきつくてブログ書くのもきつい日でも冗談みたいに書こうと最初に決めていました。苦しいのを暗い雰囲気で書くとさらに気が滅入ってしまうので、せめて文章だけは足取り軽くをモットーにしています^^

      今日は本当にうれしい一日でこれまでの心配がざざっとどこかへ行くような気持ちです。そしてさらにまだ残る離脱症状にも上手につきあっていこうと思えました。

      ゆりさんは13か月目で私とかなり近いですね。でもこの時期でもぶり返しがくるというのは私も経験があります。急にがくっと来るときありますよね。

      天気とか、あと季節の変わり目とかは私もダメですね。

      とはいえ、そういうぶり返しの回数は確実に減ってくるので、もう最後まで頑張れると思いますよ!

      一緒に続けていきましょう!

コメントは受け付けていません。