リバロを止めてみた

今日はちょっと抗不安薬とは違う話です。

記憶障害の原因は?

ますます進む記憶障害、判断力・計算力・理解力の低下、そして離人感など困った症状が山積みな現在ですが、そんな中少し気になる情報を発見。

私は遺伝的なもので今年からコレステロールを下げる「リバロ」という薬を飲んでいるのですが、それについての情報です。このリバロは副作用にとても怖いのがありまして筋肉が障害を受ける「横紋筋融解症」(要は筋肉が溶ける)というのが起こる可能性があります。ただ、極めて少ない上に飲み始めて初期の段階でこの副作用が出ると分かるようです。

で、実はこれしか聞かされてなかったので他の副作用は気にしてなかったのですが、あまりに記憶障害が進んでいるので「リバロ 記憶障害」であえて検索してみると以下のような記事を発見。「スタチンによる認知機能低下を考える [医療のトピック]」リバロを説明するページにも書いてない副作用なのですが、何と記憶障害があるという事。となると、私の記憶障害は離脱症状ではなく、リバロの可能性もある?という事になるわけです。もちろんこれも極めて少数なようですので可能性は低いわけですが、とりあえず切り分けを行うためにリバロを1ヶ月止める事にしました(もちろん医師と相談しています)。

まだ止めたばかりですのでどうなるか分かりませんが、もしこれで改善されれば、記憶障害についてはリバロが原因となるので、とりあえず良かった!となるわけですが、まあ結果はそんなにうまくはいかないと思います^^;

理解力・計算力の低下など自覚できるレベルまで落ちていますので、日常生活にも影響が出始めています。今はこれをどうやって改善させるかを考えていますが、まあそんな楽にはいかないでしょう。

そういえば、ここ最近は突発的に出る強い吐き気も結構頻繁に出ているのでこれも何とかしたいですね。道を歩いている時にいきなり「うぷ」とかなりますし、喫茶店にいても同様。そしてまさに今、キーボードを打ちながら吐きそうになりました。もうどうなったんだろう自分の身体はって思いますが、薬っていろいろ怖いなって思っている今日この頃です。

というわけで、現在はリバロを止めているので整腸剤(ビフィズス菌のようなもの)とビタミンBくらいしか飲まない生活に入っています。なんかこれだけ薬らしいものを飲まない日は珍しいので謳歌したいと思います。

*なお、私は薬剤師でも何でもありませんのであくまでここに記載の情報は私個人の判断による部分が大きいです。何らかのアクションを取られる際には必ず医師に相談して下さい。