離脱症状ならぬ禁断症状

今回は離脱症状について思うところを書いてみます。

離脱症状ではなく禁断症状

私自身もこのブログではベンゾジアゼピン系の抗不安薬を断薬した時の症状を離脱症状と書いていますが、実際にはその言葉よりも禁断症状という方が正しいのではないかと思う時もあります。

まさに減薬から断薬に移ったばかりの時点での症状は禁断症状に近いといえると思います。そういう症状に耐えられずに挫折する人もいるというのは、まさに麻薬などをやめるも、禁断症状に耐えられずににまた手を出してしまうのとあまり変わらないような気がします。それくらい、この離脱症状は耐え難いものがあるからです。

私はといえばかなり我慢強い方ですが、そんな私でも最初の断薬は13日で失敗しました。最初の断薬の時には離脱症状があるというのを知らずに(ほとんどの皆さんと同様、医師からは依存性もない暗然な薬と言われて飲みましたので)、何となくはじめてしまったのです。そのため抗不安薬を飲んだ期間に比べて減薬期間が短かったのです。いやもう本当に地獄でした。それまで経験したことのない症状のオンパレード、そして合わせ技など本当に辛かったです。

二回目の断薬(今やっているもの)ではある程度、最初の断薬で症状の予測ができたというのもあり、また、それを超えた先を見たいというのが重なって何とかここまでたどり着いたわけです。1回目と辛さは実際のところ、そんなに変わりませんでした。そういう意味では最初の失敗経験があったことがよかったのかもしれないと思っています。

離脱症状がでない方も稀にいるようですが、基本的には服用期間が長かったのであれば、この禁断症状とも言うべき離脱症状は出ると仮定していたほうが心の準備としてはよいかもしれません。

そして私の例ではありませんが、あえて一度目は失敗するのもありかなと思っています。ただし、山場が何度も来るので、本当にきついなら挫折するのも仕方ないと思っています。自殺に追い込まれるくらいきつい状態もあるからですし、医師でもない私が最後まで頑張りましょうなどという無責任な事も言えません。

私は今でこそ断薬の後半に来たと思いますが、振り返ってみると本当にきつい日々だったと感じます。もう一度最初からやってみるか?と言われれば流石に大金をもらっても嫌です。

これを超えることができるなら、たいていのことは大丈夫かもと思えるくらいです。

ネットを調べると数多くの断薬経験者の声を聞くことができます。皆さん相当苦労したのがわかります。そして多くの不快な症状を越えてきているわけです。

一様に言えることは、今あなたが「これが一生続いたらどうしよう?」と思っているものはいつのまにか軽減し、そしてでてこなくなるものが沢山あります。しつこく続く症状もあるかもしれませんが、それらの多くは消えていきます。そして、自分が真人間になったと実感できる日がいつか来るはずです。

私はまだ真人間とまではいきませんが、その手応えは感じはじめています。いま苦しんでいる方にもきっと光が見えてきます。遠く離れていても同じくがんばって耐えている人がいることを忘れないでください。

それでも、無理はせずに、本当に「これはまずい!」と思ったら私のようにソフト断薬、あるいは挫折という逃げ道を気持ちとして残しておくのもありだと思います。