メイラックス断薬360日目

本日がメイラックスの断薬を開始してから360日目です。今までは30日単位で1月まとめを書いていましたが、1年目にあたるものにつきましては365日で書きたいと思います。

夜は変わらずだが、気持ちに変化が

ここ数日の短いターンの話ではありますが、夜眠る時は相変わらず頭を虫がはっているような感覚になりますが、その強度がわずかながら下がっているような気がします。

あえて例えるならマッサージ器具の強度を10から9に落としたときくらいに感じる微妙さではあるのですが、離脱症状の場合、この微妙な1で感じ方が結構変わってきます。

そのため睡眠に入るのが結構はやくはっていると感じます。枕の上にソフトアイスノンを置いて、頭を冷やしつつ寝ているからかもしれませんが、それほど時間をかけずに眠っているようです。

そして、特筆するべきは精神状態が少し改善されている気がします。音などが気になるなどの状態は相変わらずで、これは結構悩みものではあるのですが(なぜこれが気になる!というのが気になるようになっています)、それを除けば、結構良い感じの状態なのです。

少しだけ前向きになっている自分がいると言っても良いでしょう。

なかなかやる気スイッチが見つからないとずっと言っていまして、このままずっとこれが続いたらと思っていましたが、ついに一歩踏み出して新しい事を始めました。

まだまだスローペースではありますが、10日前の自分であれば無理だったと思います。集中力も少しずつ戻ってきており、仕事などでの作り物でもいつの間にか2時間が経過していたという事も最近は増えてきました。

以前は6時間集中とか普通にできましたが、離脱症状にはまってからは10分程度しか持たない時もあったので進歩していると思います。

ただ、それとは裏腹に相変わらずの記憶力(痴呆かと心配になるレベル)、そして計算ができなくなっています。計算とは引き算がメインですね。もう簡単な引き算でも何度も考えてしまいます。心配になりますよね。

・・・と、思っていたら、いつのまにか忘れていたしびれとか麻痺している感覚なのですが(左腕とか足がおかしい時があった)、それがいつの間にか気にならないようになっていました。つまり、ほとんど出ていないのだと思います。

ここに来て少しだけ「人間に戻れた」感を感じます。

まだまだ離脱症状は多いですが、この僅かな変化を大事にしたいですね。目下、記憶力と計算能力が物凄くストレスなので、はやく治ってほしいです。