メイラックス断薬348日目

昨日がメイラックスの断薬を開始してから348日目となります。そろそろ1年です。

記憶障害の苦痛

もうほとんどカミングアウトレベルだと思うのですが、ここ最近の記憶力の低下は驚くくらいになっています。実際に痴呆ではないかと思えるくらいに人の名前などが思い出せなくなってきました。

例えば芸能人の名前。ドラマを見ながら、登場してきた俳優さんの名前を声にだして言うようにしているのですが、いきなり全く出てこなくなります。

なんてことを書きますと、そんなのはよくある物忘れ程度に思うかもしれませんが、そういうレベルではありません。毎日、多くの方の名前が出てきません。もちろん主役級の方です。

さらに計算能力(足し算、引き算です)の低下も著しくなっています。正直これは離脱症状なのだろうか?と本当に不安になるのですが、他の方のブログにもそういう症状が出る事が書かれているので、それを信じたいですが、もしそうでなければ、若年性痴ほう症決定だなと思うレベルです。

この薬(抗不安薬)を飲んだことを後悔していないとはこのブログで何度も書いていますが、こういう症状に出会うとさすがに後悔します。ただ、飲み続けていればそういう事はなかったので、それもあって、続ける人は長くなってしまうのかなとも思います。

抗不安薬を続けるか、やめるか、進んでも引き返しても辛い状況です。さらに社会不安障害もあいまって、もう何が何だかという感じです。

あまちゃん女優の名前が出てこなかった時はショックで仕方ありませんでした(こちらは2分後に思い出しましたが、他は思い出せない事の方が多いです)。

幸いな事に以前相当な心配ごとであった、ろれつが回らない症状は最近は大分改善されて、そんなに気になる事もなくなりました。

夜の頭の中を虫がはうような感覚は相変わらず出ていますし、その都度頭をマッサージする関係で、少し頭が痛くなってしまいました。やや強めにしているので、頭皮が痛んだのかもと思っています。

長らく抗不安薬を飲み続けた結果(デパス⇒メイラックス)、現在の状況があるわけですが、飲むのをやめてから1年近くもこのように辛い日々が続くのは流石に飲むときには想像もしていませんでした。

何とかここまでたどり着いたのはありますが、今でもやめた方が良かったのかというのはたまに疑問に思う事があります。

やめるのが辛い薬ですので身体に良いわけはないのですが、少なくとも、SADについては緩和されるというのもありますし、生活の質は今よりも格段に良いわけです。ただ、続けて何十年も飲んだ後に、薬の影響で自分がどうなっているかと考えると、それはそれで考えるのは怖いですね。

今の私の選択が間違えていなかった事が実感できる日を楽しみに、断薬を続けていこうと思います。

本当はこのブログをはじめた当初は、もっとはやく離脱症状から抜けでて、これを読まれている皆さんに安心してほしかったのですが、ここまで長引いて申し訳ありません。私の場合、離脱症状は1年を超えるのは確定だと思います。

あとは、それがどこまで続くのかといった所でしょう。このブログは最後まで書くつもりですので、是非おつきあいください。