メイラックス断薬333日目

12か月目に入ったわけですが、ここ最近ちょっとまずい感じになっています。

薬を飲み始めた頃の状態になっている

今回のメイラックスの断薬ではいろいろな山がありましたが、まさかここに来て大きな山が訪れるとは思っても見ませんでした。

実は私の場合、最初に飲んだデパスへのきっかけは社会不安障害ではありませんでした。その時はまだ自分がSADだと知らなかったわけですが、ある日、精神的に自分が経験した事もない不安定感を感じたために心療内科へと行ったのです。

それが無意識に足が動き出しそうな状態(ベランダから落ちるようなイメージを勝手に持つ)だったわけです。同時に脳もモヤモヤする状態です。

自分自身その状態が怖くて薬を飲み始めたわけですが、何とそれがここ数日来ています。特に333日目(昨日です)は本当にきつく、夜などは自分をおさえるのに必死でした。

本来なら私はソフト断薬という形式を自分に認めているので、ソラナックスを飲めば良かったのですが、昨日はとりあえず我慢していました。この状態に再びなるとは思いもしませんでしたので、既にメイラックスは廃棄してしますし、あとは本当にきつければソラナックスを飲むしかないレベルです。

私が決めたソフト断薬では半錠程度飲むというものですが、昨日の状態だと半錠では焼石に水かなというくらいきついものでした。いかんせん、飲み始めるきっかけになった状態と同じでしたので、それはもう辛かったです。

離脱症状なのか何なのか自分には判断がつかないのです。

なお、離脱症状には「むずむず脚症候群」というのがあるのですが、説明を読んでみると少し状態は違うかなと思います。

そのため、これはもっと別の精神的なものから来ているのではないかと感じます。なぜ今更という気持ちもありますが、仕方ありませんね。

今日はまだ薬を飲んでいませんが、昨日レベルで出てきたら、頓服的にソラナックスを飲もうかとは思っています。

久々にピンチです。