お医者の話

今回は心療内科のお医者さんについての話です。

抗不安薬について医者はどう言うか?

既に抗不安薬を飲んだ方の多くは抗不安薬を処方される際に「癖にならないし依存性もない」と言われた方は多いのではないかと思います。ネット上でもそのような意見が多く見受けられます。

そんな私も同じく、最初のデパス、そしてメイラックスと異なる先生ながら同じように説明を受けました。先生自身も調子が悪い時は頓服的に飲んでいるとさえいわれました。

今思いますに、頓服的であればおそらく依存することはないと思いますし、私の今のように断薬による離脱症状で苦しむこともないと思います。

言うなれば、お医者さんの話そのものは嘘ではないが正確でもないというのが私の見解です。実際には私以外にもネット上には断薬で苦しんでいる方がいるわけで、依存性がないといってしまうことは、そもそも医者自身が経験していないため分からないのだとかんがえています。

さりとてこのブログで糾弾しようというのではありません。もしそういう薬をまだ飲んでいない方がこのブログを投薬前に読まれたのであれば、やめる時にはそれなりの覚悟が必要だということは理解しておいたほうが良いということです。

では薬は飲むべきではないか?と言われれば貴方の判断次第です。飲むことで私は確実に楽になりましたし、生活の質もそれまでの何倍もよくなりました。しかし、薬を飲めば社会不安障害が即座に治るというのとも違います。私の場合には断薬している現時点でも治っていませんし、この後人生で完治するかはわかりません。とはいえ、共存は可能だと考えています。

最も良いのは言うまでもなく、抗不安薬を手放し、社会不安障害も治るということですが、私の場合にはそれは諦めました。そのかわり、なるべくその症状がでても楽になれるような対処法を自分なりに色々と考えるようになりました。

お医者に対し、なぜ投薬したのか?と文句を言いたくなる気持ちは分かりますが、効果を感じていた時期もある方が多いと思いますので、私自身は少しでも楽な生活を享受出来たことに満足しています。断薬は確かに地獄のようなきつさではありますが(最近はそれも大分変化してきています)、これも通過点と私は考えています。

というわけで、もしそういう病院にいって「依存性はない」と言われても、やめる時は結構大変であることは飲む前から認識しておいたほうが覚悟としては良いかもしれません。まあ、これも経験ですね。

あ〜、今日は何を書きたかったのか忘れてしまった!まあ、たまにはいいですね。