耳鳴はモールス信号か!と突っ込みたくなります

今回は耳鳴の話です。

日々の変化が少ない症状の耳鳴

メイラックスの断薬を開始してから、それこそ数多くの離脱症状が襲ってきていますが、その中でも悪い意味で安定した不快度を与えてくれるものの一つがこの耳鳴であると言えます。

他の離脱症状はある程度経過すると(日数が)、微妙にでも軽減された事を感じる日があるものが多いのですが、この耳鳴については結構長い間、軽減される事もなく安定して不快さを私に提供してくれています。

昨日感じたのは、耳鳴はまさにモールス信号のような感じのものが私の場合には多いという事です。ピーピピーピピーというのが延々なり続けます。昨日は右耳がメインでしたが、左右の耳で鳴る音が違う事もよくあります。

耳鳴を経験していない方にもっと分かりやすい例を言うとなりますと、聴覚検査というのは経験がありますでしょうか?

密閉された空間でヘッドフォンを当てて、そこから音が「ピーピー」となるものです。まさにあのような音がずっと耳のそばで鳴り続けます。

自ずとなかなか眠れなくなりますので、何らかの対策があった方が良いかなと経験的には思います。

普通寝る時は静かにして寝ると思うのですが、その常識の中で寝てしまうと、この耳鳴がかなりの存在感を耳元で示してきます。蚊がブンブンと耳付近を飛ぶ時も不快ですが、あれの連続のような状態です。

なので、私がマスキング音をかけるようにしています。これも以前から大分変りました。

昔は波の音とか、いわゆるヒーリング系のをかけていたのですが、最近の耳鳴ではドラムのように「ドコドコ」とリズムを刻むのがあるので、このヒーリング系ではマスキングが出来ませんでした。

次にポップな音楽をかけましたが、これはこれで楽曲のスネアドラムの音が今度は耳に刺さり眠れなくなりました。

というわけで最近はピアノでリズムを取る歌ありの曲をかけています。これが今のところは一番しっくりと来ています。ただ、そろそろこの曲もかけすぎて飽きてきましたので、次なる曲を探そうと思っています。

離脱症状はどれも不快ではありますが、耳鳴のように直接睡眠を妨げるものは結構たちが悪いので、「普段ならこうする」という常識を無視した対処法を自分なりに試す事をお勧めします。

*ただし、今一番不快なのは、夜寝る時に特に気になる顔が引っ張られるような感覚だと思います。これは本当にはやく何とか消えてほしい症状ですね。