メイラックス断薬259日目

昨日がメイラックスの断薬を開始してから259日目でした。まずその前に何をぼけていたのか3月11日に書いたものが216日目と書いてしまっていたようで、正しくは246日目です。修正致しました。戻るとか考えたくないですね^^;

やはり小康状態の離脱症状

間もなく断薬開始から丸9か月になろうとしていますが、ここ2ヶ月くらいは症状はほぼ変わらずと言ったところだと思います。他の記事で探して読んでくださいというのもなんですので、今のメイン症状を書いておきますと・・・

<特に夜間>

  • 耳鳴(これは昼間もなっていますが、他の環境音もあるので、昼間はほぼ気になりません)
  • 顔が引っ張られるような感覚(物凄く説明しにくい不快な症状)

この2つが相変わらず続いています。耳鳴はパターンがいろいろあって、ずっと「キーーーーン」と鳴るものと(ちなみに今も右耳がそうです)、モールス信号のように「ピーピピーピーーー」みたいに鳴るものがあります。

この耳鳴は結構困りもので、右と左の耳で異なるパターンで鳴る事が多かったりします。これが気になりだすとなかなか寝付けない事になりますが、先日ここでも書きました「眠れない事を別の視点から改善してみました」が物凄く効果を発揮してしまして、現在は一度眠りについた後は、かなりの確率で朝までぐっすりです。万が一にも寝つきが悪い時でも眠りの質が良いので朝は楽です。

そして、顔のひっぱられる感・・・。これは結構いらっとしますね。夜はこれがずっと続くので、そのたびに顔をマッサージしたりします。

ただ、以前の離脱症状と比べて何が違うかって言いますと、以前のものは断薬を挫折するかも!と思うくらいきついわけですが、今の症状はそこまでは思わないという事ですね。まあ、ここまで来て挫折とか馬鹿らしいのでもう絶対にありえませんね。

実際、薬を飲んでないおかげで(ソフト断薬でのソラナックスももう数か月飲んでません)、いい意味での安定感があります。まあ、社会不安障害は治ってないので、そういう時は持ち歩く事は忘れません。

現在の私の気持ちとしては、メイラックスは多分捨てる事が出来るというところだと思います。まだ、捨ててはないのですが、もう飲む事はほぼないと思います。

ただ、ソラナックスは今後も頓服的に考えていますので(緊張感による吐き気がひどい場合には飲む方が変なトラウマにならないと思うので)、それは捨てる事はないと思います。いわゆるお守りですね。ギリギリまで飲まずに本当にまずい時は少量だけ飲むという事です。常用してないので、当然ながら禁断症状も起こりません。

そういえば、このブログもそこそこアクセスが増えてきたようで、同じような状況の方は多いのだなって思っています。おそらく断薬が怖い方が多いのかなと思います。

噂では離脱症状がほぼ出ない方もいるようですが、基本は「出る」と考えて断薬希望の場合には減薬をしっかりと時間をかけてやり(ここで焦ると絶対に失敗します)、その上でじっくりと断薬にもっていくのが良いでしょう。

月ごとのまとめもこのブログの↑から見られますのでそこも役立つと思います。もちろん、どの辺で楽になるかは人によりますが、何というか目標になるのではないかなと思いました。

私も他の方の断薬ブログを読んでいたのですが、細かい経験談はとても参考になりました。そのため、私は日々の不快度をレベル(10がマックス)にしてそれをグラフにすれば皆さんにさらに参考になるかなと思って作り出したのが月ごとのまとめです。

まだ当分は続けます。

完全に離脱症状がなくなるのはまだ見えませんが、少なくとも、離脱症状の山は越えているのははっきりと分かります。

頑張りましょう!