メイラックス断薬8ヶ月目のまとめ

今回はメイラックス断薬開始からの8ヶ月目(211日目~240日目)を振り返ってみたいと思います。3/5が240日目でした。

昼間は安定してレベル2メイン

8か月目はかなり安定しているのがグラフから分かると思います。ほぼ不快度はLV2です。

断薬8ヶ月目の離脱症状推移

ただし、私の不快度は1日全体の状況で見ていますので、総合としては低くなっていますが、どの日にも共通して言えるのは夜間になるほど離脱症状が分かりやすく出てきます。特に寝る時だけは不快度は高くなっています。

昼間は「離脱症状」そのものを意識する事がそもそも減ってきています。おそらく最初の1ヶ月と比べれば、まさに天国と地獄くらいの違いはあるでしょう。

となれば、目標はこの辺かとも言えるのですが、現実的な体感で話をしますと、その時期の状態によってやはり気になる部分は気になるのも事実です。

1ヶ月目などはそれが1日中続くわけですが、8か月目も昼間があまり出てこない反面、夜が結構気になるため断薬の不快さはまだ消えていないと思います。

ただ、これくらいになれば、今から薬を飲むかも!という考えはほぼ皆無に近い状態になっています。これなら最後までいけるだろうと明確に感じられる段階だと思います。

振り返ってみれば、あっという間の8ヶ月な気もしますが、やはり断薬に挫折するのは初期の段階ですので、当初の数か月をどこまで頑張れるか?という事につきるかなと思います。

1年続けるぞ!と思うとおそらく続かないのでは?と思います。パチンコなどと同じで「今日一日耐える」と考えれば、いつのまにかそれが積み重なって8か月になるというようなものでしょうか。とりあえず長期目標よりもその日を超える事を目標にすると良いと思います。

まだまだ、夜は昼間と違って離脱症状がばんばん来ますので、それがなくなるまでどれくらいかかるのか、頑張りたいと思います。