完全断薬間近なのに残念な事が

本日は断薬と関係のない話です。先日血液検査をしましたところ、普段から高めのコレステロール値が、とうとう薬を飲まなくてはいけない数値になってしまいました。抗不安薬を飲まなくなったと思ったら、今度はそっちか~と思ってしまいました。

今まではずっと様子見で済んでいたのですが、今日の結果でお医者さんから、もう飲みましょうと言われてしまいました。

この手の薬は一度飲むと基本は一生飲むものなのでなるべくなら飲みたくないなと思っていただけに残念です。

まあ、良い面と言えば、1日に一回で良い事。薬代が想像よりは安かった点、薬は1か月分ずつもらえる点、そして今飲んでいる薬(今はほぼ整腸剤しか飲んでませんが)などとも特に問題もないようでしたので、そこは良かったなと思っています。

まあこれでコレステロールが下がるなら良いかなとは思っていますが、実を言えば、今回は数値が下がっている予定だっただけに(ナットウキナーゼとかを飲み始めて1ヶ月以上経過)、かえって切なくなった次第です。

次は3か月後くらいに血液検査なので(薬をもらうのに1ヶ月に1回は通院あり)、その時に数字が下がっている事を期待したいと思います。

思えば血液検査で異常が出なかった時って社会人になってからは1回しかないんですよね。そう考えると、次の検査結果に期待したいですね。

というわけで今日は断薬とは別の話でした。