メイラックス断薬107日目

こういうブログは書いてないと返って悪いのか?と思われそうですね^^;

安定が続いている最近の状態

さて、前回は100日目に断薬日記を書きましたが、本日はその1週間後となります。

101日目から本日に至るまでは大きなイベントもなく、そのお陰で一回だけ頓服としてソラナックス半錠を投下しましたが、それ以外は何もなしでも安定した日々でした。

不快度レベルはいずれも2~3という事で、ほとんど問題のない状態でした。

ただ、今まで目立っていた離脱症状が出ない分、気になっているのは「歯に力を入れてしまう」という事でしょうか。

気づかないうちに「ギュッと」噛んでいるんですね。その関係で左の顎が痛くて、大きく口を開けられない状態です。食事の時にちょっと困っているという感じです。

また、夜になると顔のあちこちが気になる(引っ張られるような感じ?)のですが、これは間違いなく離脱症状だと思います。夜も同様に歯を食いしばってしまうので、顎が疲れます。

3か月を超えてからかなり離脱症状の中身や辛さは変わってきました。聴覚過敏も出ているものの感度は低く、きつい感度を経験した今となっては「これくらいなら問題なし」と思えるようになりました。たまに音は耳に刺さりますが、たいしたものではありません。ただ、この関係でたまに脳が震えるのはなくなりませんね。

メイラックスの断薬開始後の2週間はそれはもう、今とは比較にならないくらい、苦痛しかありませんでした。挫折する方の多くはこの時期なのでは?と思うくらいきついです。正直、あの状態で会社にいって、ニコニコ笑いながら仕事をするのは、ちょっと難しいかなと思うばかりです。

とにかく3か月でもここまで変わると感じられるのはうれしい限りですね。

みなさんの参考になれば^^