メイラックス断薬100日目

本日は記念すべきメイラックス断薬100日目です。

急な予定に自分の体が対応できなかった100日目

本日は台風という事もあり自宅にて静かに過ごす(とはいっても仕事)予定でしたが、途中から風だけになり、それも問題のないレベルにまで落ち着いてきたので、ちょっとした予定(明日の予定だったもの)を片づけるために外出しました。

私の場合、予定の決まっているものに対して、尋常ではない緊張をしてそこから吐き気につながるので、今回のような突発的に予定を変えるものについては基本的に強いと自分で侮っていました。

急に決めたにも関わらず、吐き気などが出てきたので、仕方なく今回のソフト断薬開始からは初めてとなるソラナックス半錠2日連続という状態になってしまいました。

ただ、今回は予定外の緊張だったこともあり、予定の2時間前に飲む事が出来ずにそのまま出発となってしまいました。

結果、目的地についてからというもの吐き気がかなり強くでてしまい、途中どうしようかと思うレベルにまで達してしまいました。ソラナックス半錠では足りなかったのか、それとも飲むタイミングか・・・。

吐き気だけで不快度LV7といったところでしょう。正直、途中で断念しそうになりましたが、何とかその予定開始から15分程度で落ち着いてきたので事なきを得ましたが(十分辛かったですが)、社会不安障害の症状がここ最近、顕著に出ている事にいろいろと考えさせられています。

ブログなので正直に書きますが、私には薬をやめたいという気持ち(そのためメイラックスをやめています)と、薬を飲む事で楽な生活を送れるならば飲んでしまえという気持ちが常に交錯しています。

よくテレビの漫画などである、右側に天使、左側に悪魔のような感覚ですね。飲むのが悪魔ってわけでもないのですが(実際にはそっちの方が楽なので)、まあそんなイメージです。

既に100日目になりましたので、このままいけば、私は確実にメイラックスの断薬ができると思っています。もうそこまでの自信がもてるくらいまで来ているのは確かです。しかし、社会不安障害はもしかするとやめる前よりも悪くなっているのではとも思っています。

つまり、社会生活に多大な影響を与える状態というわけです。メイラックスを飲んでいる間は、もちろん緊張などをする事はありましたが、ソラナックスとの合わせ技で(きつい状況の場合には2錠飲み)、無事にやり過ごしてきました。

今日の予定は実際にはたいしたレベルとは思えないものであったため、それもショックの原因です。以前ならば緊張するものでもなかったからです。

100日の断薬まで来てまた薬を飲み始めるというのはバカな選択に見えるかもしれませんが、毎日、頻繁にこういう状況が起こっている事を考えますと、ソラナックスを頓服的に飲むというのではもう間に合わない(というか、結構頻繁に飲みそう)気もしてきました。

そうなると、医師いわく「無理にやめる必要ないのに・・・」の言葉が呼び起されます(薬剤師にも言われていますw)。

うーん、また、薬をやめる理由が自分には分からなくなってきました。でも、生涯飲むのもなぁ・・・。