メイラックス断薬84日目

本日はメイラックスの断薬84日目です。このブログが楽しみという変わった方がいるので今日は書く予定ではなかったですが、書きます^^

離脱症状は一進一退

間もなく断薬開始3か月になろうとしていますが、予想はしていましたが離脱症状は一進一退と言ったところです。

ソフト断薬として途中、ソラナックス半錠を2日間飲んでいますが、そのあとは飲んでいない事もあり、通常の離脱症状の日々が戻っています。

本日はそれほどよくなく(昨日も同じく)、不快度はLV6です。具体的な症状は以下の通りです。

  • 聴覚過敏(今日は結構ひどく喫茶店などに入るのも躊躇するレベル)
  • 頭が重い
  • 脳の震え(聴覚過敏の感度が良いとこちらも比例してきつくなります)

というのが強く出ているでしょうか?聴覚過敏が出ると、基本的にその日はあきらめるしかないので、そういう意味では今日は自宅時間が多くなっています。

さて、最近、更新が少ないではないかというおしかり(?)の言葉も受けましたが、更新が低いという事は自分の中では離脱症状が「生活の一部」になってきた証拠だと思っています。辛さこそそれほど下がってはいませんが、こういう状態の時には自分はどうすればよいかというのが大体わかってきました。

とか言いながら、でかい症状が来ると挫折モードに入ってしまうものですが、現在はソフト断薬OKと自分に決めたのでかなり気が楽です。みなさんも断薬をする場合には、0か1ではなく、前進ではばく1歩だけ戻る逃げ道を残しておくと、断薬が続けられると思います。

それとは話は変わり、最近は心配な事もあります。社会不安障害(SAD)そのものが治ってないため、今の自分は物凄く中途半端な状態だという事です。明らかに回避行動をとっている自分がいるしで困っています。

この先を考えるとどこかできちんとした方向性を決めないとなとは思っています。まあ、ソフト断薬の形を生活の主流に持ってくるというのでもありかなとは思っています。緊張するシーンではソラナックスを飲む。これを何回か繰り返してみて様子を見るしかないかなと思っています。今はそれさえも回避している自分がいるので、どこかで気持ちを切り替えようと思うばかりです。

今回はこれにて・・・。