メイラックス断薬66日目

本日「断薬中止目前」なんて仰々しい記事を書きましたが、またいろいろと思うところがありました。

とりあえず断薬66日目クリア

上記の記事にもあるように、今日断薬を中止してメイラックスを飲もうと思っていました。

しかしながら、いつもはぐんと悪くなる夜間タイムにも関わらず、今日に限ってそこそこ調子がいいのです。あえて言うなら昼間の方が悪かったですね。総合不快度はLV5というところです。

で、何を思ったかといいますと、やっぱりこの66日の断薬というのをここでばっさりいくのはもったいないと少し思った次第です(ちなみに今、調子がそんなに悪くないからこの考えなわけですが、悪ければこうは思わないでしょうね^^;)。

よく考えますと、0か1で自分は考えていたなと。つまり、断薬しているから一切の薬は飲んではいけない。そして、飲むなら続けるという考えに拘りすぎていたかもという事です。

メイラックスを飲んでしまうと、超長期型ですので5日間は身体に残ります。少量であれば(4分の1とか)メイラックスでも良いかもしれませんが、あえて調子が本当に悪い時だけソラナックスを半錠か1錠、頓服的に投下しても良いのではないかと思ったわけです。

別に断薬にルールがあるわけでもなし、10人いれば10人のやりようがあるかなという事です。つらい時に我慢すると精神衛生上悪いのは言うまでもないわけですが、それならその時にその辛さだけを一時的に回避するために、私の中では依存していないソラナックスを飲むという手もありだなと思ったわけです(元々ソラナックスは頓服的に飲んでいまして、月に多くても2~3錠しか飲んでいませんでした)。

まだ、試してもいないのでなんともいえませんが、辛いときは腹薬のように頓服で飲み(もちろん継続しては飲まない)、そうでない時は断薬を継続するという事です。そうすればもしかすると今よりも少し期間は延びるかもしれませんが、断薬が出来るのではと思った次第です(ここでの断薬は頓服的には飲んでも継続しては飲まないという断薬です)。

その方法であればそれほどの無理なく断薬を続けられるかなと思った次第です。まあ、一番よいのは寝る頃に飲んで朝には抜けているという状況ではないかと思っています。効果時間が長くない薬は切れ目が目立つので寝ている間に切れるのが一番良いですよね。

飲むかやめるかという選択肢の中に、基本はやめるけど頓服としてはありという選択肢を自分に残そうかなと思ったわけです。

元々6年近く飲んでも社会不安障害が治ってなかったという事は、この先もSADが治るか分からないわけで、それなら調子が悪い時に今後も飲む可能性は否定でいないわけです(私は非全般型なので一部のシーンだけでSADの症状が強く出てきます)。

そう考えると、今この断薬のタイミングでもその方法を選べるかも?と何となく思ったわけです。

もしこのブログを読んでいる方がいるとすると、「飲むかやめるかはっきりしない奴だ!」と思うかもしれませんが、実際、ここまで断薬ががんばれたのを無にするのは結構辛いのです。次はいつ出来るかとかもう想像できないのですよね。

そこで0でも1でもない選択肢を自分に用意してみればどうかと思ったわけです。そして、この方法がうまくいけば、少ない読者の方の今後の断薬の参考にもなるのではと思った次第です。

とはいえ、昨日、一昨日のように地獄のような苦しみが来たら、ソラナックス1錠くらいで何とかなるか全く分かりません(少なくとも我慢よりは良いとは思いますが)。

そうなるとそのまま完全なる断薬中止になる可能性はありますが、せっかく、今日の夜はそこそこ調子が良いので(それでも聴覚過敏はしつこくあります!)、この考えを少し真剣に検討したいと思います!

とりあえずその方法でも断薬期間は継続してカウントしたいと思います(私のカウントなのでよいですね^^;)。

前の記事

断薬中止目前