離脱症状はいつまで続く?

離脱症状はいつまで続くのでしょうか?

離脱症状は投薬期間などに影響する

医師などの話だと抗不安薬などの減薬、断薬に伴う離脱症状は1~2週間くらいという意見があります。

実際に断薬中の私から言わせてもらうと、そんなことはないという事ですね。

いや、投薬期間が短い(数週間など)であればそうかもしれませんが、1~2週間というのはいわゆる薬の半減期だけを考えたものでしかないように感じます。

私は本日で断薬41日目ですが、相当きつい一日となっています。確実に他の病気ではなく離脱症状によるものだと思っています。

投薬されていた患者の話をいろいろと聞くと1年間、あるいはそれ以上というものが一番多いような気がします。もちろん、その間がずっと同じレベルで離脱症状が続くわけではないと思いますが(私も未経験なので)、少なくとも離脱症状がなくなったと思えるまでそれくらいかかるというのは断薬中の私には納得できるものです。

私は投薬期間は約6年でしたので体に薬がしみ込んでいます。これらの薬を完全に抜ききるにはまだ時間がかかるとは思います。

希望的観測で1~2週間と思いたい気持ちはわかりますが、そう思っていて1か月以上おさまらない場合にはショックを受けるでしょう。

私は基本的には1年は何らかの離脱症状が続くと考えて覚悟をしています(とはいえ、今日は相当きついので挫折寸前ですが^^;)。

1か月目よりも平均してきつくなってしまった2か月目ですが、1か月目を思い出して、楽な日もあるのだと自分に言い聞かせています。

正直、断薬を挫折する時というのは、疑問を抱く時だと思っています。

  • 薬を飲み続けても問題ないのではないか?
  • 離脱症状を受けるくらいなら薬で楽になった方がよくないか?

毎日のようにこのことは頭をよぎります。挫折するのは簡単です。薬を再度飲めばよいだけですので。しかし、ここまでの努力(それこそ離脱症状と戦った日々)は無駄になります。

私はこう思うようにしています。

来週はきっともっとよくなっているはず・・・と。

それを信じて日々を過ごしています。

さて、断薬開始してからの1か月の不快レベルの記事を参考までにご覧ください。

メイラックス断薬1ヶ月のまとめ