メイラックス断薬31日目

ついに断薬開始から1ヶ月を迎えました。なんだかんだ1ヶ月が経過したな~という感じです。

まだまだ離脱症状は続きそうな気配です

今回私が細かく断薬日記を書いている理由は、私自身他の方のブログを読んで1年やあるいはそれ以上離脱症状が続くというものを読んだためでもあります。

断薬=1年以上苦しむ

と思うと、なかなか断薬に踏み切れないと思います。そのため私のブログではLV10をマックス(前回断薬挫折時の不快レベル)として日々の不快度合いを紹介しています。

1ヶ月続けてみて思ったのは、必ずしも毎日苦しいわけでもなく、また同じ症状でも慣れが出てくると苦しさはかなり軽減されるという事です。一種の諦めもあるのだと思いますが、次の日には体調が一気に改善される事もあり、気にしなくなってくるものもあるのも事実です。

断薬を躊躇されている方に少しでも希望を与えられればと思っています。

さて、記念すべき1ヶ月目ですが、不快度はLV4です。昨日がそのまま継続という感じです。意識できるものとしては、

  • 聴覚過敏
  • 集中力の低下
  • めまい
  • 腹痛
  • 動悸
  • 顎が震える(キータッチなども不安定)

だと思います。聴覚過敏は一時期大分よくなってきていたので安心していましたが、ここ二日ほどは感度があがっていて、お店の皿のぶつかる音が耳に刺さります。とはいえ、これも少し慣れてきたので何とかなっている気がします。

夜に気になる顎の震えですが、耳栓をしてしばらくすると眠るので(1時間くらいですかね)、それまでの我慢かなと思っています。

また、ずっと悩まされていた睡眠障害ですが、最近、途中で起きるにしても少し時間が遅くなってきました。つまり、3時過ぎに起きるなどがあまりなくなった気がします。

実は関係あるか分かりませんが、睡眠に役立つ(眠りが深くなる)と噂されているグリシンを飲んでいるからです。

味は砂糖のような感じですね。これのお陰か分かりませんが、少しだけ良くなっている気はします。まあ、気のせいでも良くなっていれば良いかなと^^

なお、グリシンを飲まれる際は他の情報もあわせて読んだ上で自己責任にてお願いします。

明日からは2ヶ月目です。1年と考えると長いですが、実際に振り返ってみると1日1日は長くても1ヶ月はあっという間でした。

断薬当初はきついかもしれませんが、そこから数日後には大分変わってきていると思います。まずは耐えるしかないですかね^^