抗不安薬を飲むか?断薬で苦しむか?

メイラックスの断薬を開始して本日で27日目です。ここに来てある疑問が沸きました。

抗不安薬を飲むか?断薬で苦しむか?

社会不安障害(SAD)であれば、心療内科にいけば、少なくとも何らかの薬を投薬されると思いますが、断薬中だからこそ思う事があります。

それは・・・

「今の苦しみから解放されたいですか?薬で楽にはなりますが、断薬するとなると離脱症状で苦しみます」

という選択肢の中にあるのだという事です。

SADから逃れるために薬を飲めば、少なくとも社会不安障害の症状は楽になります。その差こそあれ、確実にベターな状態になるといえるでしょう。

しかし、もしその薬をどこかでやめるという判断をするならば離脱症状が起こる可能性を覚悟しないといけないわけです。

その離脱症状で私に起こっているものは細かいものもいれると以下の通りです(Wikiのベンゾジアゼピン離脱症候群から抜粋)。

・不安
・集中力障害
・不眠
・筋肉の痙攣、線維束
・目のかすみ
・めまい
・聴覚障害
・聴覚過敏
・聞こえ方が大きくなる
・筋肉の緊張
・疲労と脱力
・吐き気
・耳鳴り
・消化器問題 (過敏性腸症候群)

だいたい現時点では上記のものが出ています。毎日全てが出るわけではなく、日によって異なりますが赤い字のものはその中でも鬼門だと自分で感じているものです。

ちなみにこれらの症状は断薬(減薬)をしなければ、この規模で襲ってくることはありません。個別にはSADの症状として出る事はありますが、あくまで断薬時よりはまともだと思います。

また、断薬してから出たものも多数あります。聴覚過敏や筋肉の痙攣(私は顎が震えて歯がガチガチいうのに悩まされています)などは断薬後からの症状です。

こう考えると、そもそも薬を飲んで良いのか?と思うかもしれません。私には選択肢は飲み続けるか、やめるかしかなかったのと、一度は挫折した断薬を成功させたいという気持ちだけで今はやっています。

もしこれらの症状がメイラックスを飲めば「確実に治る」と言われれば、少し悩みますがその確証もないので断薬を続行しています。

もしSADの治療をまだ開始していない場合、投薬するかも含めて選択ができるわけですが、上記は参考になるのではないでしょうか?

なお、昨日は断薬日記を書いていませんが、不快度LV2(前回の断薬挫折時をLV10とする)でした。断薬期間では最も良かった日かもしれません(赤文字の症状はでています)。

断薬をしないでずっと飲む(適切な量)のであれば、それも選択肢だと思います。ただ、薬を飲まずにSADそのものの苦痛を戦うとなると・・・私はNGでしょう。

断薬の離脱症状に苦しんではいますが、SADの症状の方が数段きついと今でも確信しています。

後は貴方の選択次第です。薬ですので副作用はついてきます。作用と副作用、貴方の価値判断をどこにおくかになると思います。