メイラックス断薬16日目

本日はメイラックスの断薬を開始して16日目です。

またも不調の16日目

天気が安定しないせいもあるのかは分かりませんが、本日の不快レベルはLV8です。

症状としましては、不快なものからあげますと

  • 聴覚過敏
  • 動悸
  • 不安感(動悸があるのでそう感じます)
  • めまい
  • 集中力の欠如
  • 軽い頭痛

などです。LV8という事で今回の断薬期間では3番目の悪い日です。断薬をして思ったのは、朝の状態がその日の気持ちを変えるかなという事です。

朝から大きな不快信号があるとその日はだいたい夜まであまりよくありません。もちろん1日の中でそれぞれの症状の度合いは変わるのですが、朝がよくないと気分的に優れないためそのままというケースが多いようです。

聴覚過敏と動悸は私の二大鬼門になってきました。逆に言えば、これから解放されればかなり楽であるとも言えますね。

ここ最近は携帯電話で話すのもちょっと大変です。人の話し声が耳に刺さってくる事があるので、受話部分を話さないと辛いとか、あるいはスピーカーフォン(これなら大丈夫)にしなくてはいけません。

それほど電話をする方ではないので、この辺はまあ何とかなるでしょう。

参考までに聴覚過敏で期になる音は高い音(何かがぶつかる音など)もそうなのですが、私が不快に感じるものはなんと言っても低音です。

「ブーン」という感じで体全体にかかってきます。そして、困った事にこういう音は高い音が耳栓やイヤーマフでかなり小さくなるのに対して、そういうものをつけてもあまり変わらずに耳に聴こえてくる点なのです。

今日感じたのは、他の音はなくなるけどもその音だけが残ってしまうので、かえって耳栓などはしない方が良いかもという事です。実際には音楽をある程度大きめにしている方が近くにいるわけですが、枕などをつたって振動や低音が響くわけです。これはなかなかに不快ですね。

とはいえ、枕から離すとそれほど大きな音ではないので、小さくしてほしいとは言いにくい音量です。過敏な状態の自分が問題であると言えますね。

というわけで対処できない音に対してどうするか?

一番簡単なのは、それと同じようなリズムのものを流すのが良いです。一時期は環境音を流していましたが(今も流しますが)、そういうものは音楽のようにドラムなどが入っていないため、それらの音を潜り抜けて聴こえてしまいます。

そうなりますと、自分の好きな音楽をかけながら寝るなどの方が(それで眠れるならば)無難だと言えるでしょう。

そういう音で困っている方はお試し下さい。