断薬の挫折はちょっと待て

このブログには「断薬 挫折」というキーワードでのアクセスが多いようです。私がそこかしこで断薬を挫折した事がある点について書いているからですね。

断薬の離脱症状が苦しくても挫折の前に考えて欲しい事

まず、このブログは全て私の経験に基づく事ですので、貴方自身に当てはまるかは分かりません。そのため、参考意見として読んでください。

私はメイラックスの断薬を一度試して13日目に挫折しました。あまりに離脱症状が苦しく、集中力は途切れ、不安定状態が酷くなったからです。ちなみにデパスを飲んでいた時は断薬は無理だと諦めていました。短時間型のためすぐに不安症状が明確に分かるので、断薬などはとてもではありませんが、考えられませんでした。

断薬の挫折経験者(実は現在断薬10日目です^^)から言わせてもらいますと、貴方が今、どのような状態で減薬、断薬をしているかによって挫折をした方が良いかというのが決まってくるかなと思っています。

私が挫折をした理由は自分で分かっています。それは減薬をきちんとやらなかったからです。それは物凄い反動で、不快感と言う言葉では表現できないくらいきつかったです。

もし貴方が挫折しそうだとしたら、下記いずれかのパターンだと思います。

一つは減薬をきちんとやらなかったからきつい(これは至極当然)。

もう一つは減薬はしたけど離脱症状がきついというものかと思います。

そこで私の「離脱症状は日々苦しいわけでもない」も時間があればお読み頂きたいのですが、私の経験では離脱症状は日々かなり度合いが違います。

夜寝るとリセットされて新しい状態になるという雰囲気ですね。上記の記事には断薬後当初8日の状況が書いています。LVの数字が大きいほどきついというわけです。これを読むと、結構楽な日があるのも分かると思います。

そして辛かった日の次は必ずしも同じレベルの辛さではないのも分かると思います。

臨機応変に断薬と減薬を混ぜるのもありかと思います

断薬中の私が言うのもなんですが、断薬中に物凄く苦しかったら、ほんの少量(例えば減薬最終段階の量など)の薬を一時的に飲むのもありではないかと思っています。

そこには本格的なルールはありません。別の視点で言えば、苦しい離脱症状の記憶をトラウマレベルで残すくらいなら、断薬を一時的に減薬に変えて、また断薬に戻るでも良いと思っています。機械的に何日で断薬と決める必要もないのです。

私の離脱症状のレベルは昨日9日目でLV3程度、そしてまだ10日目は開始して間もないですが、現時点ではLV1です。つまり、ほぼ問題なしです。

断薬の離脱症状で苦しい日は確かにあるかもしれませんし、辛いかもしれませんが、明日はそうでもない可能性の方が高いと思います。

体調が優れない場合には休めるなら休むなどして、無理に動かないようにするのも良いでしょう。

今現在、離脱症状と通常の体調の問題の境界線が分からなくなっていますが、まずは前回失敗した13日(あと3日!)、そしてその後の完全断薬を目指したいと思います!

皆さんも頑張りましょう!苦しさの後には比較的楽な日が待っています。

前の記事

私の減薬の方法