メイラックス断薬4日目

メイラックスの断薬4日目の記録です。

3日目よりも全般的に改善

現在、薬の半減期中ですが、4日目ですのでメイラックスの場合、60%程度の薬が残っている状態だと思います(あてずっぽうですけど)。

3日目は前回断薬を断念した時のマックス時の60%程度の不快な離脱症状が起きましたが、4日目は夕方まではほぼ通常通りの問題なしで過ごせました。

今回はかなり楽にいけるか?と思ったのもつかの間、やっぱり夜に来ましたね。

今回は19:30頃に離脱症状が出てきましたが。集中力の極端な低下、ふらつき、めまい、体温調節がおかしい(物凄く暑くなる・・夏だからというのではないです)などがメインでした。それでも1日総合で見れば断念時の40%程度の不快さでしたので3日目よりは楽でしたね。

ただ、寝る頃には大分これらは緩和されてましたが、夜にドキドキと心臓が鳴るのは2日連続になってきましたね。

こういう寝苦しい時期に断薬をやってしまった自分も悪いのですが、離脱症状に加え猛暑というのはきついですね。でも暑さでどうせ眠れないならこれでもいいかと、少しズボラ作戦で今回は行っています。

5日目の午前中にこのコラムを書いていますが、今日は朝からお腹の調子が悪いを除けば、離脱症状というのはありません(お腹は関係なしです)。

こう見ていくと、太陽がでていない夜に調子が悪くなっている気がしてきました。つまりセロトニンが増えない時間だからなのでしょうか?

とりあえず、昼間は暑くても外に出てセロトニンを増やして安定化を目指したいと思います。夜に襲ってくる不快な症状がなければかなり楽になると思います。

1年くらい離脱症状が続くとか、あるいは、一度治っても、離脱症状がリバイバルヒットのように戻ってくる事もあるようです。

それを前提にして意識しておくといつまで頑張ればという目安になると思います。

それでも、薬を飲んでいた期間に比べればはるかに短い断薬チャレンジです。今回はやめられると信じて頑張ります。